teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:33/3345 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Metal Deadness!!

 投稿者:BOY  投稿日:2021年 9月 8日(水)23時50分25秒
  通報
  **定休日ですがヘススのために頑張って仕事しました!!


・DIABOLIZER - Khalkedonian Death LP SILVER+BLUE VINYL 税込3,300円 / BLACK VINYL 税込2,970円 (Me Saco Un Ojo)

またしてもターキー・デス・メタル・シーンから凄いバンドが登場しました。と言っても、2012年から活動していて、これまでにEPを2種発表していたそうなので、私が気づくのが遅かったのですが、楽器隊は4人全て新旧BURIAL INVOCATIONメンバーで、HYPERDONTIA, ENGULFED, SEPTAGEなどでも活躍。そしてシンガーはDeathrash ArmageddonからCDが出ていたMALEFIC ORDERなど、どっちかというとブラック・メタル系グループでの活動歴の方が目立つ人物が務める、イスタンブール拠点の5人組。シルバー/ブルー・ビニールとブラック・ビニールの2種入荷しています。

BURIAL INVOCATION, HYPERDONTIA, ENGULFED, etc、トルコのこの辺りを追ってきてるファンならばまず間違いない完成度の高さで、ドラマーをはじめ全メンバーのテクニックは完璧。テクニカルなフレーズはもちろんのこと、オールドスクールなテイストも強いスラッシー・リフをサタニック・ブルータルに叩き出す様は、MORBID ANGELやIMMLATION影響下の現代OSDMバンドよりも、DEICIDE, VITAL REMAINS, VOMITORYなどに近い雰囲気を醸し出しています。そして、この邪悪性を高めているシンガーの個性もかなりのもの。テクニカル、ブルータル、オールドスクールの三拍子揃ってこんなにも痛快激烈なのは凄い!!オススメdeath!!



・SEPTAGE - Septisk Eradikasyon 7" RED+WHITE VINYL 税込1.650円 / BLACK VINYL 税込1,100円 (Me Saco Un Ojo)

デンマークを活動拠点とする3人組グラインドコア・デス・メタル・バンドの2nd 7"。ベーシストのMalik Camlica氏はex. BURIAL INVOCATION / 現HYPERDONTIA / 現DIABOLIZERの人物で、2014年からコペンハーゲンに移住しているようです。ドラマーはTAPHOSなどをやっています。レッド/ホワイト・ビニールとブラック・ビニールの2種入荷。

前作同様に、今回もまぁーモロにCARCASSなジャケットですが、1st 7"聴いた時は、確かにゴアリーではあるけど、HYPERDONTIA並みにキレキレの演奏が、lowな感触を上回っていたバランス感覚の方が面白くて、CARCASS信者よりもターキー・デス・メタル・マニアに勧めたくなるようなハイパー・ハイクォリティ・ゴア・デス・グラインドでした。今回もその路線に変わりなく、テクニカルな完成度を増した初期CARCASS、またはゴア・グラインドに浸食されたMORBID ANGEL, IMMLATION影響下現行OSDMのような感触が存分に楽しめます。ちょっとグルーヴィンなパートも出してきたりしてるので、病的さ希薄なフィンランド・デス・メタルのような感じも出てきました。それにしても、この演奏の素晴らしい切れ味は、本家CARCASSには無かった武器ですね。CADAVERIC INCUBATORなどのファン必聴!!



・GALVANIZER - Prying Sight Of Imperception LP ORANGE VINYL 税込3,300円 / BLACK VINYL 税込2,970円 (Me Saco Un Ojo)

OSDMシーン期待の若手、フィンランドのGALVANIZERの2ndアルバム。1stアルバムが大ヒットして、Asakusa DeathFest 2018にて来日も果たしました。アナログ盤は今回もMe Saco Un Ojoからのリリースで、オレンジ・ビニールとブラック・ビニールが入荷しています。

CARCASSミーツENTOMBEDのごとき、オールドスクール・デス・メタルの王道中の王道のようなサウンドで、フィンランド産ながらスウェディッシュ・デス・メタルに近いスタイルで1stアルバムは若者に支持を集めました。本作品も前作の路線のままに完成度を高めていていますが、だいぶCARCASS系グラインドの側に近寄った気もしますので、フィンランド・デス・メタルらしさも強まっています。そこに、ENTOMBEDを彷彿させる爆走感と叙情性もブレンド。これは1stよりいいですね!!今回も大ヒット間違いナシでしょう。



・QUESTION (Mexico) - Reflections of the Void CD 税込1,980円 (Chaos)

たぶん現行メキシカン・デス・メタルでは一番カッコいいバンド、と、メキシコのデス・メタルをほとんど知りもしないくせに乱暴な事を言いたくなるくらい、ノーマークだった1stアルバムが大当たりだったQUESTIONの2020年発表最新作。フルレングス作品としては本作が2ndになるようです。一年掛かりでようやく入荷しました。しかもガッツリとショートして。。。

1stアルバム Doomed Passagesでは、NOCTURNUSやTIMEGHOULなどのSFデス・メタルに、DEATHやOBITUARYなどのシンプルなダイナミズムもミックスしたようなバランス感覚が最高でしたが、2017年に発表したGnosis Primordial EPでは若干Sci-fiデス・メタルの方に寄った作風になりました。今回はちょうどその中間のような作風だけど、過去作品に比べて強烈に前面に出してきているのがメロディックなギター。Gnosis Primordial EP発表後にツインギターの5人編成となり、ベーシストも交代しているので、その辺がこのメロディック化に少なからず影響してるのかと思います。そもそもこのバンドはSci-fiデス・メタルを冠にしてはいないので、初期のHORRENDOUSがテクニカルになったような感じでもあります。とにかく、とてもメキシカンとは思えない、現代OSDMエピック部門では最高峰と断言して良いであろうグレートなバンド&作品death!!

http://recordboy.shop-pro.jp/?mode=srh&cid=&keyword=blkmtl&sort=n

 
 
》記事一覧表示

新着順:33/3345 《前のページ | 次のページ》
/3345