teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


DEATH SIDE - Unreleased Tracks & Video Archives 7" + DVD Coming soon

 投稿者:BOY  投稿日:2021年 9月16日(木)23時51分24秒
  ・DEATH SIDE - Unreleased Tracks & Video Archives 7" + DVD 税込2,750円 ご予約受注商品 (Break The Records)

ご予約受付開始します!

2021年10月16日発売

JAPANESE HARDCOREの代名詞"DEATH SIDE"がまさかの未発表音源7インチと、貴重な映像をまとめたDVDをリリース!
未発表音源は89年発売のSLICE RECORDS主催名作オムニバスLP、「Game Of Death」のレコーディング時のもので、メンバーそれぞれが1曲ずつボーカルを取っている。4曲中2曲はベネフィットでデジタル販売されたものだが、残り2曲は完全未発表。正に事件と言える内容である。
DVDは80年代後半~90年代に渡る映像に、現在のメンバーへのインタビューを交えた編集。ネット上でも公開されていない映像を多く含む、こちらも非常に貴重なものだ。
ライナーノーツは愚鈍(GUDON)やSYSTEMATIC DEATH、BASTARD、JUDGEMENT、HALF YEARSなどで活躍し、DEATH SIDEと共に日本ハードコアの歴史を築き上げたZIGYAKU氏。
ゲートフォールドジャケット、7インチ収録曲のダウンロードコード付き。

【7インチレコード】
A1.JUST BLIND OUT
A2.CAN YOU SEE ME
B1.DAILY FIGHTING
B2.SUNSHINE BLIND

【DVD】
DEATH SIDE / WASTED DREAM L.P
INKSTICK SHIBAURA 1989/7/16

STICK & HOLE / HANG THE SUCKER VOL.2 V.A
MIKASA PARK 1993/8/30

CUT THE THROAT / WASTED DREAM L.P
INKSTICK SHIBAURA 1989/7/16

DRUNK TOO MUCH / SATISFY THE INSTINCT E.P
INKSTICK SHIBAURA 1989/7/16

LIVE AND LIVE / BET ON THE POSSIBILITY L.P
MIKASA PARK 1993/8/30

MIRROR / WASTED DREAM L.P
EYE OF THE THRASH GUERRILLA V.A
INKSTICK SHIBAURA 1989/7/16

MASS MEDIA'S PETS / EYE OF THE THRASH GUERRILLA V.A
TOSHIMA PUBLIC HALL 1988/7/17

LIFE IS A CHAIN OF GAMES / HANG THE SUCKER VOL.2 V.A
MIKASA PARK 1993/8/30

I LIVE JUST MY LIFE / WASTED DREAM L.P
MIKASA PARK 1993/8/30

ETERNITY FORM / HANG THE SUCKER VOL.2 V.A
NAMIKI JUNCTION GUDON LAST 2DAYS 1990/8/14

MONEY DON'T COME AND GO / SATISFY THE INSTINCT E.P
BLOODY SUMMER TOUR in HIROSHIMA Augsut 1987

THE WILL NEVER DIE / THE WILL NEVER DIE E.P
MIKASA PARK 1993/8/30

THE WILL NEVER DIE / THE WILL NEVER DIE E.P
BURNING SPIRITS ~ DAY WITH CHELSEA 2020/8/17

(インフォメーションより)



http://recordboy.shop-pro.jp/?mode=srh&cid=&keyword=prrdr&sort=n

 
 

Japanese Steel!!

 投稿者:BOY  投稿日:2021年 9月16日(木)14時01分2秒
  ・EVIL (Tokyo, Japan) - Possessed By Evil PICTURE LP 税込3,300円 (Dying Victims prod.)

再入荷!!

東京ブラック・スラッシュ・メタル EVILの2020年末発表2ndフルレングス・アルバムが、ドイツDying Victims productionsから限定250枚ピクチャー盤LPもリリース!!!666!!!クリア・ケースに収納されて、ポスターとインナーが付属します。さらに、ボーナスで2019年タイ・バンコクでのライブ3曲を追加収録しています!!

この2ndアルバムは、ブラック・メタルだと思ってたデモの頃や、1stアルバム聴いて「EVILの根っこはスラッシュ・メタルなんだ」と認識した時の、そのどちらとも違ったところに切り込んでいます。メンバー個々のバックボーンが微妙に違うのは当然だけど、ブラック・メタル/デス・メタル/スラッシュ・メタル/ヘヴィメタル/ハードロックといったオールドスクール・メタル全般を聴いて育ってきたであろう彼らのルーツを凝縮したような本作は、IRON MAIDENからBATHORYまで同一線上で親しんでいるヨーロッパや北欧のブラック・スピード・メタル・バンドと似た感触があります。スラスラ久保田氏とEL ZINE上でメタル談義をした際、私は、「EVILは日本のメタルに影響されてないのがいいんじゃないかな。音が日本らしい、らしくない云々じゃなくて、感性が海外の同年代のメタルの子と同じなんだと思う」と直感的に言ったけど、言ってて自分でもちょっと何言ってるのかわからない気もしてましたが、この2ndアルバム聴いてそれがどういう意味なのか自分でもようやくわかった次第です。間違ってなかったぜ、俺!多分。

さぁあとは楽しみにしてた方は存分に聴きまくってください。Stay Evilllggghhh!!!666!!!


1. 六道輪廻 The Cycle of Pain
2. 夜叉 Yaksa
3. 怨殺 Revenge
4. 雷神 Raizin
5. 般若波羅蜜多 Paramount Evil
6. 首斬り Reaper
7. 地獄の門 The Gate of Hell
8. 歪な梵鐘 Hell's Evil Bells
9. 奈落の底 Bottom of Hell
10. 閻魔天 Enmaten
11. 凶惡 Possessed by Evil
12. 惡鼻達磨 Evil Way of Live
13. 地獄の門 The Gate of Hell (live)
14. 歪な梵鐘 Hell's Evil Bells (live)
15. 奈落の底 Bottom of Hell (live)



・SIGH - Eastern Darkness 2LP 税込3,850円 (Peaceville)

少なからずお問い合わせもいただいてましたが、ようやく入りました。ジャパニーズ・アバンギャルド・メタル SIGHの初期ブラック・メタル・イヤーズ・コンピレーション・アルバムがPeacevilleから2枚組アナログ盤でリリース!!


Tracks A1-A3 : Desolation Demo (1990)
Tracks A4-A7 : Tragedies Demo (1990)
Tracks B1-B3 : Requiem For Fools EP (1992)
Track B4 : Far East Gate In Inferno Compilation (1994)
Tracks C1-C2 : Split EP With Kawir (1994)
Tracks C3-C6 : Rare Recordings (1995-1996)
Tracks D1-D6 : To Hell And Back - Sigh's Tribute To Venom (1995)


ここに収録されている作品は、ジャパニーズ・ブラック・メタル黎明期を検証する上でも外せない音源の数々です。BATHORY等のプロト・ブラックメタルに、DEATH SSからの影響も感じさせるオカルト・メタル風味と、西洋の味とは異質の東洋のクラシカル・シンフォニック・メロディーをブチ込んだようなサウンドは、西欧のアンダーグラウンド・メタルヘッズに当時大きな衝撃を与えました。

http://recordboy.shop-pro.jp/?mode=srh&cid=&keyword=jpmtl&sort=n

 

Metal from the Graves!!

 投稿者:BOY  投稿日:2021年 9月16日(木)13時57分51秒
  ・IRON FIST MAGAZINE - #24 BOOK 税込1,650円

UKのTERRORIZER MAGAZINEの元編集者が始めた雑誌で、場違いながらも大人の事情でなぜか掲載されてるようなバンドが一切登場しない、完璧なへヴィメタル・マガジン。英語の書籍は益々セールスが厳しくなる一方ですが、今回は表紙に釣られて久しぶりに入れてみました。?そして、内容もやっぱり最高でした!!
?
特集のMERCYFUL FATEは、パンク・バンドだったBRATSにキングが合流した経緯から始まり、伝説(&幻)のMANOWARとの共演(&ツアー)など、彼らの歴史を振り返った、ファン必読の内容。他にも親戚グループとも言えるデンマークEVIL(写真が激渋)や、当時のデンマーク・メタル・ファンジン Blackthorn zineなども紹介。スウェディッシュ・メタル特集コラムもあり、GOTHAM CITY, HEAVY LOAD, CANDLEMASS, E.F. BAND, GLORY BELL'S BAND,etcを紹介していますし、巻頭にはCIRITH UNGOLが登場して、毎度割りと統一感のある雑誌ですが、今回はエピック・メタル系のファンにはたまらない号かと思います。

他にも、Yasuyuki氏のBARBATOSにフォーカスしたインタビューや、読者おなじみのヘヴィメタル・ミュージシャンによるコレクション紹介コーナーはMax Cavaleraだったりと、正統派、スラッシュ、ブラック、デス・メタル・ファンまで、今回も存分に楽しめます!!



・MP - Bursting Out LP 税込3,300円 / CD 税込1,980円 (Dying Victims prod.)

80年代ジャーマン・マイナー・メタル、屈指のカルト・クラシックがDying Victimsから初オフィシャル再発。LP&CDともに初のオフィシャル・リイシューで、LPは歌詞インナー以外に、ポスター/ポストカード/ステッカー/DLコードも付属。CDには1999年にShark Recordsからリリースされたライブ・アルバム "Bursting Out - Live & Loud"から5曲をボーナスで収録しています。

とにかくジャケットが素晴らしいので、昔から中古盤で見かけるたびに気にはなっていたのですが、最近ではけっこうなレア盤となっていて、ちょっと手が出しにくいくらいの高額で取引されるクサレ・メタル名盤です。これぞジャーマン・メタル、80年代のドイツ人は全員この声だったんじゃないか、と思うくらい、声聴いただけでもう西ドイツとマリオひげしか思い浮かばない、天性の汚い美声のシンガーが最高。ウドやトト系の、あのタイプです。MPはMetal Priestの意味でもあるようで、楽曲もJUDAS PRIEST直系、ACEEPT経由、GRAVE DIGGERとかRUNNING WILDなどの同期、みたいな、やはり西ドイツ以外考えられないスタイル。ギターが渋くて、"On The Loose Again"のリフはちょっと殿堂入りレベルのカッコよさだし、70年代ハードロック引きずった古臭い哀愁のメロディーも素晴らしい。しつこいけど、これぞジャーマン・メタル!!最高!!



・SECOND HELL / SKULL CRUSHER - Metal Deadness SPLIT DIE HARD LP 税込3,850円 (Nuclear War Now!)

両バンドのサウンドはもちろん、バンド名、MERCILESSのデモも手掛けたBaelusによるジャケ・デザインまで、全てにおいてオブスキュア・メタルの素晴らしさがにじみ出ている1986年発表オランダ・スピード・メタル2バンドによるSplitアルバムのカルト・クラシックが、NWNから2度目のアナログ盤再発。今回は500枚プレスで、カラービニール/パッチ2枚付きのダイハード・バージョンは限定100枚。Wim Baelus氏(Midian Creation Records)によるこの激渋アートのポスターも付きます。

SECOND HELLはPOSSESSEDがテクニカルなリフを使わなくなったような直線型ダーク・スラッシュ。そしてそこにメロディックなギターが乗っかった最高のロウ・スピード・メタル・デッドネス!!このメロディアスなフレーズが本当に素晴らしくて、ジャーマン・スピード・メタル・ファンからジャパニーズ・メタル・ファンにまでオススメしたくなります。SKULL CRUSHERもSECOND HELLよりMOTORHEAD影響下スピード・メタル・テイストの強いスラッシュ・メタルですが、やはりメロディックなギターがジャーマン・スピード・メタルとの共通性を感じさせるうえ、パンキッシュなラフさも特徴です。

このSplitアルバムは当初は同じオランダのTHANATOSとドイツのANGEL DUSTも加えた4 Way Splitでリリースされる予定だったそうで、「マイケル・シェンカーのようなリード・ギターをフィーチャーしたハードロックをやりたかった俺達に、NWOBHMとスラッシュ・メタルがブルータルなメタルの洗礼を浴びせてSECOND HELLのサウンドが誕生した」と、SECOND HELLメンバーは後に語ってます。とにかくどっちのバンドも極上の初期オブスキュア・スピード・メタルなので、全カルト・メタル・ヘッドバンガーズ必聴でお願いします!!!



・MACE - Buy this shirt or Mommy Dies T-SHIRT 税込3,960円

けっこう高かったのですが、悩んだり躊躇などは一切しませんでした。MACEのオフィシャル・ライセンスTシャツですので!!!

とは言っても、プリントのクォリティーは気になりましたが、大丈夫でした。ボディーもGildanのUltra Cotton & Heavy Cottonで文句なし。このデザインはアートは1stジャケ風だけど、ロゴは2ndですね。こういう完璧じゃなくてイマイチなところもMACEらしい。ベーシスト Vern White氏が1985年に描いてたアートを使用してるそうなので、やはり1stアルバムと同じ時期です。

けっこう頑張って入れました。普段なら予約分しか入荷させないXLもちゃんと入れて(少しだけど)。次回入荷はちょっと期待出来ませんので、ぜひこの機会に!!

http://recordboy.shop-pro.jp/?mode=srh&cid=&keyword=hvymtl&sort=n

 

BEAST ARTS International NEW MERCH OUT NOW

 投稿者:BOY  投稿日:2021年 9月15日(水)00時30分8秒
  ・G.I.S.M. "WARNING" T-SHIRT (BEAST ARTS International)

サイズ S/M/L/XL : 税抜3500円 (税込3850円)
サイズ XXL : 税抜3800円 (税込4180円)
サイズ XXXL : 税抜4200円 (税込4620円)
素材 : 綿100%
ボディカラー : ブラック
フロントプリント : ホワイト
バックプリント : ホワイト+蓄光 (GROW IN THE DARK PRINT)



・G.I.S.M. “SEI” “SHI” (Classic Design) T-SHIRT (BEAST ARTS International)

サイズ S/M/L/XL : 税抜3500円 (税込3850円)
サイズ XXL : 税抜3800円 (税込4180円)
サイズ XXXL : 税抜4200円 (税込4620円)
素材 : 綿100%
ボディカラー : ブラック
フロントプリント : ホワイト
バックプリント : ホワイト+蓄光 (GROW IN THE DARK PRINT)



・BEAST ARTS PIN BADGE 税込1,650円 (BEAST ARTS International)

サイズ : 直径25mm /厚さ1.5mm
素材 : ブラス+クロームメッキ
加工 :(表面) 研ぎエポ加工
留め具 :(裏面) 安全ピンタイプ
パッケージ : プラスチックケース

http://recordboy.shop-pro.jp/?mode=srh&sort=n&cid=&keyword=%3ABEAST+ARTS+International%3A

 

BULLDOZER "Ride Hard-Die Fast" 7xLP BOXSET PRE-ORDER NOW

 投稿者:BOY  投稿日:2021年 9月12日(日)21時32分32秒
  ・BULLDOZER - Ride Hard-Die Fast 7xLP BOXSET ご予約受注商品 (F.O.A.D.)

これまでBULLDOZERの各種名作を再発してきたイタリア F.O.A.D. Recordsから、究極のボックスセットが発売されます!!ご予約を募って入荷させてみます。


LP 1 - "The exorcism (demo) + Fallen angel EP"
LP 2 - "The day of wrath"
LP 3 - "The final separation"
LP 4 - "IX"
LP 5 - "Neurodeliri"
LP 6 - "Alive in Poland" (complete set with extra songs never released on vinyl up to now!!)
LP 7 - "The great deceiver - A tribute to Bulldozer" LP
(Bulldozer covers by... ABIGAIL, TOXIC HOLOCAUST, SABBAT, WITCHBURNER, CRIPPLE BASTARDS, DECAYED, FROSTMOON ECLYPSE, IMPERIAL, MEADS OF ASPHODEL)


司会が出てきてバンドを紹介し、「ブル!ドル!ゼル!ブル!ドル!ゼル!ブル!ドル!ゼル!」のファンのコールから始まる名ライブ・アルバム Alive in Polandの完全版がやはり気になります。う~ん、聴いてみたい!!限定100セットのダイハード・バージョンはカラービニールで、BULLDOZERのロゴ入りステンレス製逆さ十字架付き。ブラックビニールは300セットだそうです。両バージョンに共通のブックレットが付き、これもまた楽しみです。

で、一番不安なお値段ですが、ダイハード・バージョンが税込2万円代前半、レギュラー・バージョンはもうちょい安い、という、ザックリな見積もりですみません。いかんせん重量の推測が難しい商品なので、送料がなかなか読めません。

これぞまさしく、for BULLDOZERマニアックスonlyな商品ですので、信者の方々はぜひどうぞ!!

http://recordboy.shop-pro.jp/?mode=srh&cid=&keyword=prrdr&sort=n

 

Japanese Punks!!

 投稿者:BOY  投稿日:2021年 9月11日(土)00時04分7秒
  ・VESPERA - Vespera II CD 税込1,980円 (Vesperadical)

関東のシーンでは不屈の闘志で経営を続けるヴィーガン・カフェバーでもおなじみの、ex.D.S.B.ドラマー Eiji氏率いる東京の女性Vo.ハードコア・パンク・バンド、VESPERAの2021年発表9曲入り2ndアルバムCD。初回入荷分のみ、CDをディスプレイできるイーゼルが特典で付きます!!


VESPERAはライブをやらないつもりで結成した。10年目の年にパンデミクス。イベント中止が続き、ライブがやりづらい状況になった。

VESPERAとしては結成当初の姿に戻っただけだよね?
本懐だろ?

スタジオで曲作りを楽しむ事に没頭した。
本領だろう。

ライフワークとしてのバンクを紡ぐ作業。2021年、VESPERA PUNK 9発が西東京ノイズルームで装填され、アートワークメンバーのTAKUYAがWarpaintを施した。各地のライブハウスで放つ時が楽しみだ。多様化する音楽の楽しみ方の中で、ジャケットを愛出ながら楽しむ人たちに向けてはVESPERAではイーゼル付きCDバージョンをご用意。ジャケットの意味あいを咀嚼しながら味わっていただければ。より楽しめる仕様に。

配信も準備中。

(インフォメーションより)




・BxTxW - 東京ハードコア CD 税込1,980円 (MCR)

BxTxW、結成9年目にして待望のデビューアルバムをMCR COMPANYよりリリースする★

その名も「東京ハードコア」★

東京ハードコアなんて言いながらバンドの中心人物であるVocalのブルテロ(EXTINCT GOVERNMENTギター)は埼玉県民と言うふざけたバンドである 笑笑

肝心の音の方はギタリストらっち(神奈川県民)のザクザクのメタリックなギターに、Horicho(PIG'S TAIL店長)重低音のベースサウンド、手数の多いドラマーODA(釣り師)が良い感じでまとめて、10曲17分という短い時間の中で、D-Beatハードコアパンクからヘヴィメタルまで幅広い音楽要素を喰らわせてくれる★

ライブでは身体と音のデカさが売りで迫力がある★

みんなこのアルバムを買ってライブに遊びに行ってあげてね~★

KATSUTA★(TOKYO HARD CORE)

Jacket DesignはBURNING SPILITSのフライヤー等を描く中 泰輔氏(No Problem)による作品。

(インフォメーションより)




・DESMILE - Smile & Peace CD 税込1,650円 (MCR)

これまでに、Underground Punk Rockers, No Rule No Bashing, Freedom No Frames Hardcore, といったオムニバスに参加してきた名古屋のハードコア・パンク・バンド、DESMILEの2021年新作2ndアルバムCD。バツグンの演奏力で畳みかける猛スピード・スラッシュと、ジャパニーズ・ハードコアならではのキャッチーさを兼ね備えた、レイジング・パンク・スピードコア・スラッシュ!!先着でステッカーが付きます!!


名古屋を拠点とするハードコアバンド DESMILE。1stフルアルバム「Smile & Smile"」より3年10ヵ月を経ての2ndフルアルバム「Smile & Peace」リリース。

BPMの限界に挑むリズム隊の気迫に新加入ギタリスト、ヤンのヤバっ速い刻みが加わりこれでもかと詰め込んだボーカルとコーラスの掛け合い、息をつく間もなく駆け抜ける11曲収録!

収録曲
1. スマイリー
2. ノーモア
3. ディーラー
4. チャラ・リン
5. ブラックスター
6. コスタ
7. ローウェイブ
8. スラップダウン
9. マンディ
10.テイクオフ
11.セルフィッシュ

(インフォメーションより)


http://recordboy.shop-pro.jp/?mode=srh&cid=&keyword=jppnk&sort=n

 

GRAVAVGRAV - Garage Rehearsal Demo 2021 TAPE

 投稿者:BOY  投稿日:2021年 9月10日(金)23時58分7秒
  ・GRAVAVGRAV - Garage Rehearsal Demo 2021 TAPE 税込880円

ステッカー付きの2ndエデイション入荷!!

デビュー・デモCDRが早々に完売した関東デス・メタル/グラインドコア・ベテラン・ミュージシャン結集新鋭デス・メタル・バンドの新作デモが、今度はカセットでリリース。けっこうじっくり聴きましたので、自分なりに推測して分析しようと思ったけど、死体カセットのウッチーさんの紹介文読んだら、もう不要だったので、やめときます!!


出た!説明不要なそうそうたるメンバーにより結成された『新人』バンド・Gravavgrav!自らをBored(=退屈な) Death Metalと称しながら、全く飽きさせることのないキョーレツな古学校死亡金属を奏でる確信犯バンドの最新リハーサルデモ!"Death By Naru"と銘打ったミニファンジンとギターピック付き!

静岡にいた学生時代から通販を利用させてもらっていて、このレーベルとex.京都/千葉なBloodbath Recordsがなければ人生変わっていたと確信しているディストリビューション・レーベルこそ、日本が世界に誇るグラインドコア/デスメタルレーベル・Obliteration Recordsなのですが、そのレーベル主催であるNal氏から『新バンドを始めた』と聴いたのは今年4月のこと。C.S.S.Oをはじめ、もちろんButcher ABCでも活躍するNal氏の新バンドということでその始動をとても楽しみにしていたのですが、Nal氏の脇を固める布陣がこれまたキョーレツで腰を抜かししました!Gravavgravのメンバー構成は以下の通り↓
Nal (Vo/Gt/Poem) *C.S.S.O/Butcher ABC etc
Ryo (Dr) *Final Exit/ops-psf/Su19b/Mortify etc
Tom (Gt) *Kandarivas
Rag (Art)

Obliterationオールスターズとも言うべき最強の布陣!個人的には、スウェデス meets グラインドコアなMortifyの流れがあったとはいえFinal ExitのRyo氏が叩くデスメタルバンドって!と興奮したものですが、Bandcampに上がったデモ音源を聴いて悶絶!Ryo氏のタイトなドラムもさることながら、Nal氏の深みのあるグロウル、そしてハエが群がるような腐臭漂う弦楽器隊にも脳みそ揺さぶられまんまとKO。またメンバークレジットされている、Coffins / Bucher ABCのスプリットやグラインドコアの文脈で言えばModorra / Bodybagのジャケットを手がけ、世界的に大ヒットした21世紀版 ウィッカーマンとも評されるホラー映画『ミッドサマー』にも作品を提供したRag氏(=Ragnar Persson氏)がアートワーク担当の"メンバー"として加入していることにも注目。今や映画ファンにも名が知れ渡ったRag氏を起用し、アート界隈におけるオーバーグラウンドとアンダーグラウンドの架け橋をBored Death Metalバンドが担っているということにも思わずニヤリとしてしまいました。

さて肝心なこのリハーサル音源ですが、これがまたすっげーんだ!長野県戸隠の倉庫にて行われたリハーサル音源を、extremynegativeminds = Dr・Ryo氏がマスタリングを行いヘヴィ且つフィルシーな音質に変貌。Voが少し埋もれ気味になっていることが逆に生々しさを感じ、Raw且つLowな素晴らしいミキシングとなっております!楽器トンチンカンな私が演奏技術について言及するほどナンセンスなことはないのですが汗、さすがは幾多のバンドを経験した手練れ集団。リハーサルと言えども安定した演奏をキープしており、このコロナ禍においてライヴ会場に行けなかったり地方在住のデスメタルファンにもこの新バンド・Gravavgravの魅力が十二分に詰まった素晴らしいテイクとなっております。もうズルッズルのブリッブリ、ある年齢を超えた方には分かると思いますが『鈍舞な感がある』というだけで内容は保障されたようなもんです!ブラストビートが炸裂するパートももちろんあるのですが、DerkétaやMythicが好きな方なんかに聴いて頂きたい逸品です!
ギターピック、そしてこのコロナ禍においてGt/VoのNal氏が何を思うのかが存分に語られたミニファンジン "Death by Naru"がオマケでつけられている大盤振る舞い!このミニファンジン、読んでいてとても熱くなる&未来に希望が持てる内容でした。皆さん、絶対生き延びてGravavgravのライヴでまた集まりましょう!
(Text by ウッチー (Cunts / Napalm Death is Dead))

http://recordboy.shop-pro.jp/?mode=srh&cid=&keyword=jpmtl&sort=n

 

Metal Deadness!!

 投稿者:BOY  投稿日:2021年 9月 8日(水)23時50分25秒
  **定休日ですがヘススのために頑張って仕事しました!!


・DIABOLIZER - Khalkedonian Death LP SILVER+BLUE VINYL 税込3,300円 / BLACK VINYL 税込2,970円 (Me Saco Un Ojo)

またしてもターキー・デス・メタル・シーンから凄いバンドが登場しました。と言っても、2012年から活動していて、これまでにEPを2種発表していたそうなので、私が気づくのが遅かったのですが、楽器隊は4人全て新旧BURIAL INVOCATIONメンバーで、HYPERDONTIA, ENGULFED, SEPTAGEなどでも活躍。そしてシンガーはDeathrash ArmageddonからCDが出ていたMALEFIC ORDERなど、どっちかというとブラック・メタル系グループでの活動歴の方が目立つ人物が務める、イスタンブール拠点の5人組。シルバー/ブルー・ビニールとブラック・ビニールの2種入荷しています。

BURIAL INVOCATION, HYPERDONTIA, ENGULFED, etc、トルコのこの辺りを追ってきてるファンならばまず間違いない完成度の高さで、ドラマーをはじめ全メンバーのテクニックは完璧。テクニカルなフレーズはもちろんのこと、オールドスクールなテイストも強いスラッシー・リフをサタニック・ブルータルに叩き出す様は、MORBID ANGELやIMMLATION影響下の現代OSDMバンドよりも、DEICIDE, VITAL REMAINS, VOMITORYなどに近い雰囲気を醸し出しています。そして、この邪悪性を高めているシンガーの個性もかなりのもの。テクニカル、ブルータル、オールドスクールの三拍子揃ってこんなにも痛快激烈なのは凄い!!オススメdeath!!



・SEPTAGE - Septisk Eradikasyon 7" RED+WHITE VINYL 税込1.650円 / BLACK VINYL 税込1,100円 (Me Saco Un Ojo)

デンマークを活動拠点とする3人組グラインドコア・デス・メタル・バンドの2nd 7"。ベーシストのMalik Camlica氏はex. BURIAL INVOCATION / 現HYPERDONTIA / 現DIABOLIZERの人物で、2014年からコペンハーゲンに移住しているようです。ドラマーはTAPHOSなどをやっています。レッド/ホワイト・ビニールとブラック・ビニールの2種入荷。

前作同様に、今回もまぁーモロにCARCASSなジャケットですが、1st 7"聴いた時は、確かにゴアリーではあるけど、HYPERDONTIA並みにキレキレの演奏が、lowな感触を上回っていたバランス感覚の方が面白くて、CARCASS信者よりもターキー・デス・メタル・マニアに勧めたくなるようなハイパー・ハイクォリティ・ゴア・デス・グラインドでした。今回もその路線に変わりなく、テクニカルな完成度を増した初期CARCASS、またはゴア・グラインドに浸食されたMORBID ANGEL, IMMLATION影響下現行OSDMのような感触が存分に楽しめます。ちょっとグルーヴィンなパートも出してきたりしてるので、病的さ希薄なフィンランド・デス・メタルのような感じも出てきました。それにしても、この演奏の素晴らしい切れ味は、本家CARCASSには無かった武器ですね。CADAVERIC INCUBATORなどのファン必聴!!



・GALVANIZER - Prying Sight Of Imperception LP ORANGE VINYL 税込3,300円 / BLACK VINYL 税込2,970円 (Me Saco Un Ojo)

OSDMシーン期待の若手、フィンランドのGALVANIZERの2ndアルバム。1stアルバムが大ヒットして、Asakusa DeathFest 2018にて来日も果たしました。アナログ盤は今回もMe Saco Un Ojoからのリリースで、オレンジ・ビニールとブラック・ビニールが入荷しています。

CARCASSミーツENTOMBEDのごとき、オールドスクール・デス・メタルの王道中の王道のようなサウンドで、フィンランド産ながらスウェディッシュ・デス・メタルに近いスタイルで1stアルバムは若者に支持を集めました。本作品も前作の路線のままに完成度を高めていていますが、だいぶCARCASS系グラインドの側に近寄った気もしますので、フィンランド・デス・メタルらしさも強まっています。そこに、ENTOMBEDを彷彿させる爆走感と叙情性もブレンド。これは1stよりいいですね!!今回も大ヒット間違いナシでしょう。



・QUESTION (Mexico) - Reflections of the Void CD 税込1,980円 (Chaos)

たぶん現行メキシカン・デス・メタルでは一番カッコいいバンド、と、メキシコのデス・メタルをほとんど知りもしないくせに乱暴な事を言いたくなるくらい、ノーマークだった1stアルバムが大当たりだったQUESTIONの2020年発表最新作。フルレングス作品としては本作が2ndになるようです。一年掛かりでようやく入荷しました。しかもガッツリとショートして。。。

1stアルバム Doomed Passagesでは、NOCTURNUSやTIMEGHOULなどのSFデス・メタルに、DEATHやOBITUARYなどのシンプルなダイナミズムもミックスしたようなバランス感覚が最高でしたが、2017年に発表したGnosis Primordial EPでは若干Sci-fiデス・メタルの方に寄った作風になりました。今回はちょうどその中間のような作風だけど、過去作品に比べて強烈に前面に出してきているのがメロディックなギター。Gnosis Primordial EP発表後にツインギターの5人編成となり、ベーシストも交代しているので、その辺がこのメロディック化に少なからず影響してるのかと思います。そもそもこのバンドはSci-fiデス・メタルを冠にしてはいないので、初期のHORRENDOUSがテクニカルになったような感じでもあります。とにかく、とてもメキシカンとは思えない、現代OSDMエピック部門では最高峰と断言して良いであろうグレートなバンド&作品death!!

http://recordboy.shop-pro.jp/?mode=srh&cid=&keyword=blkmtl&sort=n

 

GALZE - The Deadly Sin CD

 投稿者:BOY  投稿日:2021年 9月 7日(火)23時05分57秒
  **毎週水曜は当店の定休日ですので、受注対応は木曜日以降になります。



・GALZE - The Deadly Sin CD 税込2,750円 (T.T)

ex. THE TITSシンガーの狂介氏が新たに始めたバンド GALZEが1stアルバム CDを自身のレーベル T.T Recordsからリリース!!

以前にプロモ・カセットを聴かせてもらった時は、このGALZEは当店のお客様にはより幅広くアピールする、簡単に言えば、メタル系リスナーでも、日本のメタルパンクを普通に聴いてる方ならすんなり受け入れられそうなバンドかな?と思ってましたが、これがそんな単純なタイプではなく、ちょっと90年代初め辺りの、インダストリアルからデス・メタル/ハードコア/クラストなど、エクストリームなサウンドを貪欲に吸収しようとしていた日本のビジュアル・スラッシュのような凶暴さを感じさせます。個人的に真っ先に思い浮かんだのは、ROSENFELDやBELLZLLEBから、SHELLSHOCK, LAWSHED, WRETCHED(チトセさん、エディさん、マツムラさんの)まで、そしてそこになぜかENTとDOOM(イギリスの方)が加わったアンビリーバボーなラインナップで1991年にトイズ・ファクトリーからリリースされた、Emergency ExpressシリーズCDの第三弾、あのオムニバス・アルバムのカオスな感覚を、このGALZEの1stアルバムは呼び覚ましてくれました。しかも、サンプル聴かせてもらった時点では入ってなかったボーナス曲は完全なノイズコア・ソングだし、やっぱりこれは、まるで20201年にEmergency Express IIIを聴いてるような新感覚だ!!



THE TITSを脱退した狂介始動のニューバンドとなる、GALZEのファーストアルバムが自身のレーベルT.T.RECORDSからリリースされる!!

世界中に多大な影響を与え続けている80’S JAPANESE HARDCORE PUNKと、後のヴィジュアル系バンド輩出の核とも言われている80’S JAPANESE THRASH METALを融合し覚醒させたサウンドがGALZEのスタイルだ!

SCREAMING&SHOUTなデンジャラスボイス、METALICでACIDなギタープレイ、DEATHRASHなSPEEDとPOWERで音を解放するベーシストとドラムス。
今作ではファーストアルバムとは思えない超刺激的なパフォーマンスを披露!!

ハードコアパンクを奥底に秘めた心意気と、新たなスタイルを追求し創造するその姿勢と行動力は他に類を見ない存在と言えます。

ボーナストラックとしての10曲目は以前販売され即完売したデモンストレーションテープの収録曲、ラストとなる11曲目ではノイズコアマニアもビックリしてしまう衝撃のNOISE-CORE SONGで幕を閉じる...

ハードコア&パンクシーン、メタル&スラッシャー界隈、どちらでも通用するであろう彼らのライブには大きな期待をするばかり。

生か死か!? 現状を打開し一歩先へと導くための必要不可欠となる問題作!!!

shimokitazawa killers / inoue
(インフォメーションより)

http://recordboy.shop-pro.jp/?mode=srh&cid=&keyword=jppnk&sort=n

 

Crossover Legends!!

 投稿者:BOY  投稿日:2021年 9月 6日(月)14時24分56秒
  **ONSLAUGHTと並び、80's UKHCシーンから生まれて本格的にメタル・シーンに活躍の場を移したバンドの代表格 SACRILEGEのCDが、本国イギリス Back On Blackから各種再発!!



・SACRILEGE (UK) - Behind The Realms Of Madness CD 税込2,200円 (Back On Black)

まずはこの1985年発表1stミニ・アルバムの、遂にオリジナル・ジャケット・アートで再現されたCDから。このジャケでのCDは過去には1991年のMetal Core盤が存在したのみでしたが、近年ギタリストのDamian氏は、そのMetal Core盤以降の再発はメンバーには承諾もなく作られたものがほとんどだったと発言しています。2015年のRelapse盤は、そういったいざこざを全てクリアにした初の再発というのが売りだったわけですが、いかんせんあのジャケが大不評で、日本ではイマイチ盛り上がりに欠けた印象が残っています。この度のBack On Black盤CDはRelapse盤と同じ内容なんですが、やはりこのオリジナル・カバーでCDが出てしまうと、Relapse盤ではガマンならなくなってくる人が大多数ではないでしょうか。あ、あとMetal Core盤CDや、悪評高いポルトガルのBlood & Iron Recordsが出してた25周年記念盤再発LPなども、イントロがカットされてましたね。もちろん今回はイントロもしっかり入ってますので、ジャケもイントロも含めて、遂に完全な形態で初リリースされたCDということになります。このイントロからちゃんと始まるサンプル動画は実はほとんどないので、Relapseのオフィシャル動画貼っておきます。


1. Lifeline
2. Shadow From Mordor
3. At Death's Door
4. A Violation Of Something Sacred
5. The Closing Irony
6. Out Of Sight, Out Of Mind
7. The Captive (1986 Demo)
8. Flight Of The Nazgul (1986 Demo)
9. Sight Of The Wise (1986 Demo)
10. Feed (2015)
11. Dig Your Own Grave (2015)
12. The Closing Irony (Live)
13. Bloodrun (Live)


ハードコア・パンク史に残る歴史的最重要名盤 Another Religion Another War 12"を1984年に発表した直後にVARUKERSを脱退したギターのDamian Thompsonとドラマー Andy Bakerらにより同年に結成されたSACRILEGEは、それらメンバーがVARUKERS加入以前にやっていたWARWOUNDを母体と考えた方が良いかと思います。ONSLAUGHTの1stがDISCHARGEとSLAYERの融合だったのならば、初期のSACRILEGEはVARUKERSがWARWOUNDまでさかのぼってSLAYERに出会ったようなサウンドと言えますが、ダイナミックにまとめ上げる構成力はONSLAUGHTには到達できなかったSACRILEGEの強みです。この1stミニ・アルバムでの構成力はまだMETALLICAあたりで留まっている程度だけど、これを荒々しい演奏とUKらしい冷徹さを共存させてSLAYERリフで組み立ててると、やはりブリティッシュ・クロスオーバー・メタルコア・スラッシュの真髄のようなサウンドで、いつ聴いてもカッコいいです!!

ボーナス・トラックのデモ部分は、過去さまざまな形でリリースされてきたコンピレーション・アルバムで既に聴けるクラシック音源だけど、2015年復活音源は、解散前のラスト・ラインナップ、つまり1989年発表の2ndフル・アルバム Turn Back Trilobite時のラインナップで、Vo.のTamとギターのDamienの不動の2人に、ベースはBENEDICTIONやCEREBRAL FIXなどをやってたFrank Healy氏、そしてドラムはグレートUKオブスキュア・メタルコア・スラッシュ ALTERNATIVE ATTACKもやってたSpikey T. Smithの4人でレコーディングされています。Turn Back Trilobiteは、UKHCシーン出身のエクストリーム・メタル・バンド/ミュージシャンの多くにも影響を与えたUSシカゴのドゥーム・メタル・レジェンド TROUBLEに強く触発されたドゥーム・メタルへと深化した名作でしたが、2015年新曲Feedは、Turn Back Trilobiteアルバムの延長線上にあるともとれるドゥーム・スラッシュ・ナンバーで、現在のSACRILEGEのスタイルが確認出来る貴重な音源です。



・SACRILEGE (UK) - Live Leeds 1986 CD 税込2,200円 (Back On Black)

このLive Leeds 1986はBehind The Realms Of MadnessのファーストCDバージョンだった1991年Metal Core盤のボーナス音源で初お目見えしたライブ音源で、その後2010年にNEGATIVE INSIGHT ZINEがDISASTERとのSplit CDR & カセットとしても再発した、ファンには名演として長らく語られる有名なライブ。久しぶりに聴いたけど、ホントかっこいいです。

1. Sight Of The Wise
2. The Closing Irony
3. A Violation Of Something Sacred
4. Flight Of The Nazgul
5. Out Of Sight, Out Of Mind
6. At Death’s Door
7. The Captive
8. Lifeline
9. Bloodrun



・SACRILEGE (UK) - Ambulance Station Squat, London, 1985 + The First & Second Demos CD 税込2,200円 (Back On Black)

このコンピレーション・アルバムは、先にアナログ盤がUnrest Recordsからリリースされて、日本でも話題となりました。We Won't Be Your Fucking Poor オムニバス2枚組LPにも収録された "Dig Your Own Grave"や、CONCRETE SOX、HIRAX、EXECUTE、LIP CREAMという信じられないメンツが曲を提供した Anglican Scrape Attic オムニバス・ソノシートにも収録された "Blood Run"でもわかるように、メタルコア重要名作1stミニアルバム Behind the Realms of Madness で後に完成されるスタイルは既にほぼ確立されていて、尚且つより粗さが際立ったメタルコア・スラッシュがとてもカッコイイです。クラスト・パンク女性シンガーのお手本となるスタイルを築いたとも言えるTam氏のヴォーカルも若々しい。SARCRILEGEファンはもちろん、クラスト・パンク・ファンから初期スラッシュ・メタル・ファンまで必聴のコンピレーション!!

*Demos ’84 and ’85
1. Apartheid
2. Blind Acceptance
3. Bloodlust
4. Dig Your Own Grave
5. Stark Reality
6. A Violation Of Something Sacred
7. Bloodrun
8. Out Of Sight

*Live Ambulance Station Squat on Old Kent Road in London, 1985
9. Blind Acceptance
10. Blinding Panic
11. Dig Your Own Grave
12. Out Of Sight
13. Apartheid
14. Stark Reality
15. A Violation Of Something Sacred
16. Bloodrun



・WEHRMACHT - Shark Attack 2CD 税込2,420円 (Hammerheart)

クロスオーバー・スラッシュコア・ファンにカルト的人気のWEHRMACHTの名作2種が、オランダのHammerheartからニューバージョンが発売。完売となったイタリアF.O.A.D.バージョンとはボーナス内容をちょっと変えて、ディスクもアルバム本編とボーナス音源と分けた2枚組にし、さらにスリップケースに収納されています。


CD1 Tracks 1-14 : "Shark Attack" LP 1987
CD2 Tracks 01-12 : "Thrash Metal" Demo Rehearsal 1985
CD2 Tracks 13-23 : Live at Pine St. Theatre (Portland, OR) January 31st 1986


この1985年発表1stアルバムは、そのハードコアなサウンドとリアルなゲロS.E.のおかげで、BURRN!誌で歴史に残る低得点を樹立。それに怒ったレーベルが日本に輸出を停止したという逸話もあります。ボーナスで収録の85年デモは、1stアルバムよりダーティー&ノイジーなSLAYER影響下ハードコア・スラッシュメタル炸裂でマジカッコいい!!クロスオーバーが苦手なスラッシャーにも絶対オススメです。



・WEHRMACHT - Biermacht 2CD 税込2,420円 (Hammerheart)

1985年頃からデモを数本リリースし始め、「もの凄いスピードのスラッシュメタル・バンドがアメリカにいる!」と、世界中のテープ・トレーダーの間やファンジンで話題騒然に。後にNAPALM DEATHに参加するシェーン・エンバリーがこのバンドやSIEGE, REPULSIONに影響されてNAPALM DEATHのサウンドに反映させていったのは有名な話です。バンド名はドイツ語なので呼び方は人それぞれですが、ヴェルマクトでもウォウマヒトでも好きに読んでください。


CD1 Tracks 01-13 : "Biērmächt" LP 1989
CD2 Tracks 01-07 : "Beermacht" Demo 1986
CD2 Tracks 08-17 : Rehearsal 7/23/86
CD2 Tracks 18-23 : Live at Pine St. Theatre (Portland, Or.) October 02, 1989


この1987年発表2ndでは完全にクロスオーバー・スピードコア・スラッシュ・サウンドを確立。CRYPTIC SLAUGHTERなんかのファンにはこの1stより本作の方がかなりオススメです。そう言えばドラマーは後にCRYPTIC SLAUGHTERにも参加しました。あと、既にみなさんご存知でしょうが、Earacheからアルバムを出してたキチガイ・クロスオーバー・グラインド・スラッシュコア・バンド SPAZZTIC BLURRのボーカルとギターはWEHRMACHTのメンバーです。ボーナスで収録のBiermachtデモは1stアルバムより以前の86年の音源なだけあって、楽曲はクロスオーバー・チックでもスラッシュメタルの整合感も備えた剛速球スピードコア・スラッシュが堪能できます!!



・CRO-MAGS - 2020 DIGIPACK CD 税込1,980円 (Mission Two Entertainment)

CRO-MAGSの名を遂に奪い返して2020年に発表した悲願の復活フル・アルバム In The Beginningも素晴らしい内容で話題を呼んだ、Harley Flanagan氏率いる本家CRO-MAGSの2020年最新6曲入りデジパックCD。Alpha-Omega ~ Near Death Experience期ギタリストで、HARLEY'S WAR時代もずっと付き添ってきたGabby Abularach氏の代わりに、今回はMAXIMUM PENALTYのJoseph Affe氏が参加。SUICIDAL TENDENCIESでもおなじみの名物ブラック・ギタリスト Rocky George氏は変わらず在籍したツインギター編成です。

前作は、Age Of Quarrelでの怒りと、Best Wishes ~ Alpha Omegaの頃の完成を融合して現代に再現したような凄まじいテンションが前面に出ていましたが、今回はちょっとNear Death Experience期のようなエモーショナル・グルーヴィンな深みが増したような作風に感じられます。しかし歌うのはもちろんHarley氏ですので、怒りと力強さ、そして極上の哀愁メロディーの融合は完璧で、今回もCRO-MAGS信者はひれ伏すしかないような完成度の高さです。Harley氏のバイタリティーとアグレッシブなフィジカルは本当に衰えを知らない、まさに超人。今回も文句なしに激渋かっこいい!!!

http://recordboy.shop-pro.jp/?mode=srh&cid=&keyword=pnkmtl&sort=n

 

レンタル掲示板
/332