teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


臨時休業のお知らせ

 投稿者:BOY  投稿日:2017年12月11日(月)23時37分29秒
  大変申し訳ございませんが、都合により12月12日(火)から数日間、臨時休業致します。
今週末には営業を再開できるようにしたいと考えておりますが、具体的な日程などは追ってこちらでお知らせ致します。
ご不便、ご迷惑をお掛けしますが、何卒宜しくお願い致します。
 
 

本日12月11日(月)は19時閉店と致します

 投稿者:BOY  投稿日:2017年12月11日(月)13時15分48秒
  当店は通常は13時~20時で営業しておりますが、本日12月11日(月)は都合により19時までの営業と致します。
しばらくこの19時早じまいが続くかも知れませんが、その場合はこちらでお知らせ致します。
ご不便、ご迷惑をお掛けしますが、宜しくお願いします。
 

Japanese!!

 投稿者:BOY  投稿日:2017年12月10日(日)20時03分21秒
  ・NEPENTHES - Confusion CD 税込2,592円 (Daymare Recordings)

G.A.T.E.SのVo.でもおなじみの根岸氏率いるNEPENTHESの2ndアルバム・ペーパー・スリーブCD。今回もプロデュース&録音は、ETERNAL ELYSIUMの岡崎氏が担当。アグレッシブなグルーヴとキャラクターで、ヘヴィロック・ファン以外のリスナーをも魅了するNEPENTHESらしい作品に仕上がっています!!


強い楽曲とグルーヴ、艶有りの豪放ヴォーカルに溢れた超王道ヘヴィロック。キラー・チューン連発の大傑作2ndアルバム登場!

Nepenthesは個々のメンバーが長年に渡り別バンドで築き上げた華々しいキャリアを結集、日本アンダーグラウンドのスーパー・グループとして2012年に誕生した。以来都内を中心に数多くのライヴで豪快なパフォーマンスを見せてきた強者だ。2015年に1stフル・アルバム『scent』をリリース、ピュアなヘヴィロックを聴かせるアルバムとして現在までロング・セラーを続けている。2017年春にはUS西海岸ツアーも敢行し、現地で熱い歓迎を受けた。

約2年振りに完成させた本作は、1st以上に様々な意味で絞り込まれた傑作だ。収録楽曲の殆どは1年前の時点で書き上げていたが、5人から4人編成へ変わったことでアレンジを徹底的に詰め直し、繰り返しライヴで演奏することで曲の強度を上げてきた。冒頭とエンディングを飾る長尺ドゥーム曲16の圧倒的な貫録、ダンサブルとさえ言える猛進型シャッフル・ビートが光る2、リフとヴォーカルの切れが凄まじい3、重く揺れうねり続ける4、アップテンポでのグルーヴ加減とギター・フレーズが光る5と、収録曲全てがキラー・チューンという奇跡的な仕上がりだ。

(インフォメーションより)




・ミミレミミ - Vinyl Countdown EP 7" 税込1,080円 (Imomushi)

ex. GRIND SURFギタリストのGentarow氏率いる福岡クロスオーバー・スラッシュコア EEVEEの、前作から2年ぶりとなる2017年作5曲入り7"シングル!

ジャキジャキのメタリック・サウンドは前作よりほんの少し押さえて、グッと引き締まったクロスオーバー・スラッシュといった感じですが、その分激しく展開するバリエーションに富んだ楽曲が前面に出て、そこに超絶テクニックを盛り込みながら見事にこなして行く様は相変わらず圧巻です。毎度懐の深さを感じさせる幅広いアレンジも持ち味で、今回ではオルタナティブ・ロックみたいなフレーズ、楽曲も登場しますが、やはりこのバンドらしく大胆に、そしてサラッとやってしまいます。ADA-MAX, TECHNOCRACY, MIDNIGHT RESURRECTOR等に並び、ジャパニーズ・クロスオーバー・シーンにおいて完全に個性を確立した彼らの一連の7"シリーズ最終作、今作もオススメです!!

http://recordboy.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=989206&csid=0&sort=n&c&view=mobile&cn=936434d8a7e2973cc537cade2d452ec7

 

粛誠心報 - 鎖無頼参號 BOOK

 投稿者:BOY  投稿日:2017年12月10日(日)05時59分33秒
  ・粛誠心報 - 鎖無頼参號 BOOK 税込1,080円 ご予約受付商品

今回もお取り扱いさせていただきますので、近日中に発売開始させていただきますので、ご予約受付開始させていただきます!!!「させていただきます」「ハンパねー」「イケてる」「そうなんですねー」などを多用するイタイ中年とのオフ会なんかより、ちょっとめんどくさいくらいのオッサンの話の方が面白い、と思ってるような見込みのある若者は、今回もぜひお買い上げ(させて)いただきたい。ハッキリ言って、本誌で熱く語られてる内容を自分はまだ理解しきれてないし、NWOBHMにハマったと自負する瞬間も未だかつてないけど、だからこそ、「俺の一番大事にしてるところに、土足で上がり込んでくるんじゃねー!!」な圧倒的パワーには大いに惹かれてしまうのです。昔はこういう、ちゃんとダメ出ししてくれる先輩方がたくさんいたんですけどね。


あのN.W.O.B.H.M.ムーブメントの火付け役となった伝説のDJニール・ケイが四半世紀の時を超えて日本のヘヴィメタル・メディアに戻ってきた!自身の音楽観ひいては人生観を形成した青年期からBandwagon Heavy Metal Soundhouse、そして現在の音楽プロデューサーとしての活動まで、その数奇な運命に導かれたロック人生を語り尽くすスペシャルロング・インタビューをフィーチュアした最新第3号!N.W.O.B.H.M.体験者からヘヴィメタルの未来を担う新世代まで、全ての同胞達に読んで頂きたい。一家に一冊。永久保存版必読書。
B5判/モノクロ/全116ページ(うち55ページは英文、対訳付)

The 3rd issue of the SHUKUSEI SHINPOU 'zine, titled "Rock for Muthas '17 - SABURAI SANGOU," is finally out. Here we proudly present the special long (about 55 pages in English) interview with the legendary DJ Neal Kay, who is well-known worldwide today as a vanguard of the mighty N.W.O.B.H.M. movement mainly due to hosting the original Bandwagon Heavy Metal Soundhouse in London!!
This is for the first time in 25 years that Neal appears in Japanese Heavy Metal media in person, and he talks a lot about from his memories in youth to his latest musical activities as producer/arranger in Q&A style (50 questions in total), which promises you will enjoy this issue so much!!!

http://recordboy.shop-pro.jp/?mode=srh&sort=n&ss=fe69a96eb5bfc47d5f1aa7512a25d8b8&view=mobile&cn=2b33c9c3efcac8327129c7815e464be4&cid=&keyword=bkdvd

 

Total Steel!!

 投稿者:BOY  投稿日:2017年12月10日(日)05時58分17秒
  ・ICE WAR - S/T LP 税込2,484円 / CD 税込1,728円 (Shadow Kingdom)

ZEX, GERM ATTAK, BASTARDATOR, IRON DOGS, etc、様々なパンク・バンドを率いてきたJo氏によるワンマン・ヘヴィメタル・プロジェクト ICE WARの1stアルバム。アナログ盤は限定500枚リリースで、青/黒の分割カラー盤での入荷です。

残念ながらIRON DOGSは解散してしまっていて、このICE WARはIRON DOGSを継承する形で始めたようです。しかしIRON DOGSのようなパンク・テイストはほぼ皆無で、パンキッシュなスピード感やノリの良さではなく、シケたメロディーの哀愁80'sメタル路線を突き詰めています。ただ、彼のマニアックな感覚と80年代の音楽に対するストイックな姿勢は並みではないので、IRON DOGS聴いて「メタルも80年代風のヤツはなんか懐かしさがあっていいな」と感じたパンク・ファンにもぜひ聴いてもらいたいサウンドです。サンプル貼った曲なんか、「女Vo.だから」なんてアホ丸出しな理由で聴いてる人でない限り、ZEXファンでも必ずや気に入ってもらえると思います。生きのいいカナダの若さあふれるNWOTHMとかのファンじゃなくて、HELVETES PORTやBORROWED TIMEなどのファンにオススメしたい感じです!!



・HOUR OF 13 - Salt The Dead : The Rare And Unreleased DIGIPACK 2CD 税込1,944円 (Shadow Kingdom)

2000年代のオカルト・ドゥーム・メタル最高峰バンドと断言してしまいたいHOUR OF13のデモなどレア・トラックをまとめたコンピレーション・アルバムが、古巣 Shadow Kingdomから2枚組デジパックCDでリリース。2007年に発表した1stアルバムは当店でも大ヒットしましたが、あのアルバムに熱狂した方にはお馴染みの名曲の数々のデモ・バージョンや、Chad Davis氏(バンドの中心メンバー。SETやTHE RITUALISTなどもやってる人です)Vo.バージョンなど、ファンには聴き所満載のレア音源集です。BEATEN BACK TO PURE(懐かしすぎる!!)のVo.の人も参加してたセッションもあります。


1. Call to Satan [Demo]
2. Submissive to Evil [Demo]
3. The Correlation [Demo]
4. Endurement to the Heirs of Shame [Demo]
5. Grim Reality [Demo]
6. Hex of Harm [Demo]
7. Allowance of Sin [Demo]
8. Missing Girl [Demo]
9. Call to Satan [Chad Davis, Vocals]
10. The Rites of Samhain [Chad Davis, Vocals] 05:17
11. Upon Black Wings We Die [Tribute to Jason McCash]
12. The Gathering / Call to Satan [Ben Hogg, Vocals]
13. Submissive to Evil [Ben Hogg, Vocals]
14. Grim Reality [Ben Hogg, Vocals]


自らを"トゥルー・オカルト・ドゥーム・メタル"と称したそのサウンドは、70~80年代のへヴィメタルの伝統に乗っ取ったエピック・ドゥーム・メタルで、ウェットなメサイア・マーコリンのようなPhil Swanson氏の極上ボイスのせいもあって、感触として一番近いのはCANDLEMASSになるでしょうか。しかし楽曲がバラエティーに富んでいて、The CorrelationのオープニングはまるでMERCYFUL FATE、Grim Realityは70年代後期JUDAS PRIESTからの影響がリフを聴いた瞬間から感じられます。引きずるようなドゥーム・リフとモノ悲しいギター・メロディーを絡ませたパートはCANDLEMASS、そしてMERCYFUL FATEのオカルティックなテイストと水晶のごときツインギター・ハーモニー、そこにまるでJUDAS PRIESTみたいなリフまで出てくるもんですから、本当にたまりません。久しぶりに聴いたけど、やっぱり最高に素晴らしい。そして、Upon Black Wings We Dieって曲は未発表かな?これが極上絶品激渋カッコよすぎる!!!

http://recordboy.shop-pro.jp/?mode=srh&sort=n&ss=fe69a96eb5bfc47d5f1aa7512a25d8b8&view=mobile&cn=2b33c9c3efcac8327129c7815e464be4&cid=&keyword=hvymtl

 

Black 'till Death!!

 投稿者:BOY  投稿日:2017年12月 8日(金)20時37分6秒
  ・DEMONOMANCY - Burnt Vitriol ~ A Relics Compendium LP 税込2,484円 (Nuclear War Now!)

イタリアン・ブラック・メタル・バンド DEMONOMANCYの初期デモ2種をまとめたコンピレーション・アルバムが、このバンドをサポートし続けるNWN!からリリース。ダイハード・バージョンは存在しない、ブラック・ビニールのみのリリースです。


Tracks 1-6 : "Bearers of Black Arts" Demo (2010年)
Tracks 7, 8 : "The Premonition" demo (2012年)


NWN!たたき上げのバンドだけど、Parasitic Recordsの北米ベスチャル・デス・ブラック・メタル・バンドなどが好きなマニアにオススメのサウンドです。一言で言うと、USポートランドのRITUAL NECROMANCYを彷彿させる、ひたすらに冷徹な暗黒リチュアル・ウォー・ブラックで、デンマークやフィンランドなどの北欧ノイジーな原始性さとは違う、非人間的な冷たさが全編に漂っています。Dark Descent Recordsがリリースしてるオセアニアのウォー・ブラック・ファンなんかにもオススメです!!



・BLACK WITCHERY - Desecration of the Holy Kingdom DIE HARD LP 税込3,996円 (Nuclear War Now!)

合衆国産BLASPHEMYウォーシップ・ブラック・デス・メタルの頂点、フロリダのBLACK WITCHERYが2001年に発表した1stアルバムがアナログ盤も再発!!!666!!!Full Moon prod.からのCDをオリジナル・フォーマットとして、仕様は数種ありましたがLPはこれまでにNWN!が独占で、2002年1stプレス、2009年2ndプレス、そして2016年のNWN!フェス・バージョン・ピクチャー盤の3度発売してきました。今回は2016年に交通事故でこの世を去ったギタリストのTregenda氏追悼リリースで、ゲートフォルド・スリーブとなっています。ダイハード・バージョンはレッド・ビニールで、タペストリー・フラッグとステッカー付き。

ルックスを見ればわかるように、明らかにhail BLASPHEMYな暗黒鋼鉄悪塊連射ですが、SplitをリリースしていたCONQUERORのようなグラインド・カオスもあり、カバーもやってるSARCOFAGOのようなデスラッシュ感(ちなみにSARCOFAGOカバー曲は"Deathrash")は希薄な、マーシレスでベスチャルなクラシック。BLASPHEMY, CONQUEROR, BESTIAL WARLUST, ARCHGOAT, etcと並んでウォー・ブラック・ファン必須のカルト・バンドです!!



・MYSTIFIER - Profanus CD 税込1,836円 (Vic)

SARCOFAGOに次ぐキングス・オブ・ブラジリアン・カルト・ブラック・メタル、MYSTIFIERの2001年発表4thアルバムCDが、オランダVic Recordsから再発。言うまでもなくブラジル・ブラックの代表格バンドの一つですから、これまでも可能な限り再発盤は入れてきましたが、3rdまでは各社こぞって様々な形で再発してるのに、なぜかこの作品は今まで1度も再発されてなかったようで、今回がヨーロッパで初めてのリリースとなります。ボーナスでライブ・トラック3曲を追加した全16曲入り。

IMPURITYと並ぶSARCOFAGOフォロワー・バンドとして人気を集めながらも、音楽性は早くから前衛的な部分も持ち合わせていて、1992年の1stアルバム Wiccaの時点でかなり異端ミステリアスなキーボードが特徴の原始的ブラック・メタルを実践していました。1996年の3rdアルバム The World Is So Good That Who Made It Doesn't Live Hereではその前衛的な感覚が、ROOTやMASTER'S HAMMERなどの東欧ブラックにも通じる変態テイストを生み出して素晴らしい作品に仕上げていましたが、この4thアルバムはMYSTIFIERの骨格などは変えないままに変態性を封印して、ヘヴィメタルの伝統芸をしっかりと踏まえたようなブラック・メタル・サウンドにチャレンジしています。そしてこれがまた本当にカッコいい!!リフはスラッシュ・メタルのような刻みを強調しながら目まぐるしくドラマチックに展開し、そこにギターオリエンテッド・メタル・ファンをも唸らせるようなメロディックな早弾きソロがふんだんに盛込まれているけど、ミステリアスなキーボードや、途中から全く違う曲になっちゃうようなあの唐突な展開など、MYSTIFIERらしさが全く失せていないのが凄い。この作品から、中心メンバーのBeelzeebubth氏がベースからギターにパート・チェンジしてるんですが、この人のギター・プレイがとにかく素晴らしい・・・。もし日本に移住したりしたら、正統派メタル・バンドからの加入要請が殺到しそうな日本人好みのメロディーが炸裂しまくってます。素晴らしい!!ブックレットの写真の数々も熱すぎる、暑苦しすぎる!!MYSTIFIER最高!!!



・GOATPENIS - Anesthetic Vapor DIE HARD LP 税込3,996円 / CD 税込1,728円 (Nuclear War Now!)

ブラジリアン最強極悪ウォー・メタル GOATPENISがNWN!から2017年新作アルバムをリリース!!バンドとレーベルのカラーは完全に合致しますが、でもやっぱりGOATPENISがNWN!と契約を交わしたというニュースを初めて聞いた時は驚きました。そして本作は、GOATPENISとNWN!によるタッグという事実よりも衝撃を受ける内容とも言えます。極悪なサウンドとキャラクターが先行していた感の強かったGOATPENISの気迫と音楽に対する真剣さを感じさせる圧巻の意欲作。BLASPHEMYのNocturnal Grave Desecrator and Black Winds氏もゲストVo.で参加してます。ダイハード・バージョンLPはシルバー・ビニールで、ステッカーとフェイク・レザー生地のシェイプド・ロゴ・バックパッチ付き!!

とにかくその強烈なキャラクターゆえに、ベスチャル/ウォー・ブラック・メタル・バンドの中でも一層避けて通ってる人もいるかもしれませんが、音楽性は明らかに進化と深化を模索しているのが近年の作品ではうかがえました。前作アルバム Apocalypse Warでは、ウォー・ブラックとすら呼ぶのも抵抗があるくらい演奏も楽曲も完成度を増し、ニュースクール系タフガイ・デス・メタルコア・ファンに支持されてもおかしくないようなソリッドなブルタリティーも備えてきていましたが、今回は彼らの「ウォー・メタル」のルーツとも言えそうな、勇壮なメロディーをふんだんに盛り込んでいて、ペイガン・ウォー・デス・メタルとでも言うべき圧倒的且つドラマチックな作風に超ビックリ!!そしてこれが泣けてくるくらい男らしい!!



・WRATHPRAYER / FORCE OF DARKNESS - The Wrath of Darkness SPLIT CD 税込1,944円 (Nuclear War Now!)

Temple of Abominationから7"アナログ化された2010年1stデモが世界中のウォーブラック・マニアから絶賛されたベスチャル・ブラック・デス・メタル WRATHPRAYERと、オールドスクール・デスラッシャーも熱狂するおなじみFORCE OF DARKNESSによるチリアン・サタニック・デス・メタルSplitアルバムCDが、NWN!からリリース。

Ross Bay Cultが、PROCLAMATIONと並んで以前から期待を寄せ支持を表明していた WRATHPRAYERは久々の登場です。The Sun of Moloch: The Sublimation...アルバムで到達した、荘厳且つ鈍いベスチャル・デス・メタル・サウンドは健在で、1stアルバムが好きだった人には大満足の内容でしょう。DIOCLETIANやVASSAFORなどのオセアニアのバンドの冷たさに似たところもありますが、リチュアルよりもプリミティヴが強いのが魅力です。

そしてFORCE OF DARKNESSに突入すると、WRATHPRAYERが支配した重苦しさから一転して、一気に切れ味と瞬発力が爆発したようなカッコよさがあります。BATHORY起源のプリミティブ・ブラック・スラッシュを南米テイストで見事なまでに表現しきっていて、乱暴な言い方をしてしまいますと、NIFELHEIMがパーフェクトな姿かたちを目指すと、FORCE OF DARKNESSみたいになるのではないでしょうか?オールドスクールなテクニカル・リフが今回もさえわたっていて、特にクレイジー・フレーズ大爆発でドラマチックなナンバー "The Order"は、AURA NOIRファンも悶絶&Dieのカッコよさ!!!



・INVOCATION SPELLS - The Flame Of Hate LP 税込2,592円 / CD 税込1,728円 (Hells Headbangers)

ノーマークだった前作2ndアルバム Descendent the Black Throneが素晴らしい内容で一気に注目を集めたチリ・サンチアゴ出身ブラック・デスラッシュ・メタル INVOCATION SPELLSの新作3rdアルバム。恐らくメンバー自身のレーベルと思われるSuicide Recordsなるレーベルから昨年2016年にCDで発表されていましたが、この度Hells Headbangersからライセンス・リリースされて当店にも無事入荷致しました。アナログ盤はこのHells Headbangers盤のみしか存在せず、スプラッター・ビニールでポスター付き。

メンバーはこれまた近年急激に評価が高まっていたスラッシュ・メタル・バンドのDEKAPITEDのギター&Vo.の人+もう一人で全パートをこなす2人編成だけど、DEKAPITEDに注目していた南米スラッシュ・メタル・ファンはもちろんのこと、Kolbotn Thrashers Unionなどのノルウェジャン・スラッシュ・メタル・ファンにまで大推薦の傑作です。前作はジャーマン・スラッシュ的に感じられたDESTRUCTIONスタイルのリフワークが今回はかなり北欧に寄った感があって、これはもうAURA NOIRの後継者が南米から出没したようなカッコよさと言い切ってしまいたい!!昨今のノルウェー・スラッシュ・メタル・ヤングがSABBATやNIFELHEIMなどに傾倒している(ように感じさせる)のに対して、このINVOCATION SPELLSはAURA NOIRのDESTRUCTION要素と、DARKTHRONEのCELTIC FORST / HELLHAMMER要素をミックスしたような冷たさに接近しています。しかも、NEKROMANTHEON, CONDOR, INCULTER, etcのノルウェー・スラッシュ・メタルにも全く引けを取らない熱血ヘッドバンギング・リフの応酬。これはRIPPERもウカウカしていられません。チリのバンドが凄いとかどうのこうとかもう関係ない世界的水準だけど、やっぱりチリのメタルは恐るべしdeath!!



・HADES ARCHER - Temple Of The Impure CD 税込1,728円 (Hells Headbangers)

日本のマニアックなブラック/デス・メタル・ファンには人気の高いチリのブラック・デス・メタル HADES ARCHERの2017年3rdアルバムが、Hells Headbangersからリリース。Deathrash Armageddonからの1stミニのLP化や、最近ではSABBATとのSplit CDも好評でしたが、なぜかこのバンドは日本以外では今まで評価があまり高くありませんでした。しかしHells Headbangersから、この内容で作品が出れば、今後は真っ当に評価されることでしょう。素晴らしい内容に仕上がったアルバムです。

デビュー当初は初期SODOMを継承するようなプリミティブなノイズ・メタル要素もあったけど、その後はBATHORY型スラッシング・ブラックや、同じチリのFORCE OF DARKNESSにも引けを取らないテクニカルなブラック・デスラッシュ・ナンバーなど、多彩なアプローチで意外と器用な面も見せていましたが、今回は正統派ベスチャル・メタルとでも言うべき、非常に完成度の高いウォー・ブラック・デス・メタル・アルバムで勝負しています。構成力もあるので、SARCOFAGO型の南米ベスチャルよりも、GOSPEL OF THE HORNSなどの豪州産BATHORY影響下バンドにも近いものを感じます。しかも、オープニングのマシンガン・ブラスト・ナンバーで顕著な通り、ドラミングの切れ味が素晴らしい!!ウォー・ベスチャルでオールドスクールなタイプが好きな人全員必聴の傑作デス!!!666!!!



・SATANIC WARMASTER / ARCHGOAT - Lux Satanae (Thirteen Hymns Of Finnish Devil Worship) SPLIT 2CD 税込2,160円 (Hells Headbangers)

フィンランド・ブラック・メタル2大巨頭、SATANIC WARMASTERとARCHGOATによる豪華2枚組SplitアルバムCD。遅ればせながら入荷致しました。ともに代表的ナンバーの再録バージョンで構成されています。Chris Moyen画伯のアートもさらに映える、全6面トリプル・フォールド・デジパックです。


Disc 1
1. Satanic Warmaster - Black Destiny
2. Satanic Warmaster - Wolves of Blood and Iron
3. Satanic Warmaster - Satanic Winter (Pest cover)
4. Satanic Warmaster - My Kingdom of Darkness


SWは"Wolves of Blood and Iron"を筆頭に必殺の初期代表曲を再録していて、目玉はWerwolf氏が1990年代後半~2000年代にかけてやってたブラック・メタル・バンド PESTの"Black Winter"セルフ・カバー。我らがチャーリー・インフェクションのFudgeworhyから出てたEPの曲だぜ!!この曲はSWのライブ音源作品でも何度かリリースされていましたが、SWとしてのスタジオ録音音源が作品化されるのはこれが初めてではないかと思います。


Disc 2
1. Archgoat - Jesus Spawn
2. Archgoat - Death & Necromancy
3. Archgoat - Penis Perversor
4. Archgoat - Angelcunt
5. Archgoat - Satanic Oath
6. Archgoat - Soulflay
7. Archgoat - Black Messiah
8. Archgoat - Thrice Damned Sodomizer (Streams of Blood)
9. Archgoat - Rise of the Black Moon


デンマークのSADOMATORと並んで北欧型ベスチャル・ウォー・ノイズ・ブラック・メタルを布教するARCHGOATも、初期の名曲を現在の彼らのスタイルで再録。と言っても大幅にサウンド・スタイルを変えてきたバンドではないのですが、ノイズの塊のような初期の録音と聴き比べると明らかに分離された音になって聴きやすく、且つ冷たさも失せていません。あと、このバンドは、ノイズコアからブラック・メタルに入れ込んでいった人達に(私の周りでは)ファンが多いような気がしますが、それはノイズ・サウンドだけに惹かれていたのではなく、楽曲自体にけっこうハードコアのキャッチーさがあるんだな、と改めて聴いて思いました。なんにせよ、北欧ブラック・メタル・ファンを自負するのなら聴かないわけにはいかないグレートなSplitアルバムです!!

http://recordboy.shop-pro.jp/?mode=srh&sort=n&ss=10909139db59a45ec235fff54bdc0c4a&view=mobile&cn=c3e75c6d2acc95703644fa75af67a309&cid=&keyword=blkmtl

 

Japanese!!

 投稿者:BOY  投稿日:2017年12月 3日(日)21時28分4秒
  ・EXCRETEASS - Gods Reflects On Grind CD 税込1,620円 (Unacknowledged)

再入荷!GORE BEYOND NECROPSYのVo.だったMamoru氏、324, MELT BANANA, VOLUME DEALERS, etcで活躍したドラムのSakata氏、そしてギターとベースには岡山のカナリアとF.O.G of 3というバンド・メンバーによって結成されたグラインドコア・バンド EXCRETEASSが9曲入りの1stアルバムCDを自主リリース。

GORE BEYOND NECROPSYで存在感バツグンのクールなVo.がカッコよかったMamoru氏と、数々のエクストリーム・バンドで非人間的なまでに冷徹なプレイを叩き出してきたSakata氏参加となればグラインド・ファンは見過ごせないでしょう。ピュア・グラインドでありながら素晴らしくキャッチーで、クラスティーな疾走感というよりもデス・エン・ロールとは違うロッキンなドライブ感すら感じさせるブルータルな暴走グラインドが最高!!メタルとパンクのバランスも、どこか北欧のデスメタリック・グラインド・クラスト・バンドとかを彷彿させます。大注目株デス!!



・MORTALIZED / ZAGIO EVHA DILEGJ - Pure Grind Armageddon vs. Holocaust From Hell SPLIT 6" EP+CD+DVD 税込2,000円 (Bloodbath)

再入荷!ジャパニーズ・グラインドコアの代表的レーベルからリリースされた、現代日本グラインドコア・シーンを牽引する2バンドによるSplit!!京都のMORTALIZEDと長野のZAGIO EVHA DILEGJによるSplit 6"EPで、MORTALIZEDのDVDとZAGIO EVHA DILEGJのライブCDも付いた、アナログ盤+CD+DVDの3枚組セット!!!

MORTALIZEDはこれまでの邪悪サタニック・グラインドから、叙情的なダークネスを増幅させた壮絶グラインドコアへと深化!!切れ味は維持したまま混沌と激烈が交錯していて、Splitもリリースしていた神戸のSWARRRMなどのファンは必聴の音源となってます。ZAGIO EVHA DILEGJは、コンパクトな曲の中に独創的なリフワークやハードコア本来のキャッチーなコード進行を、瞬発力バツグンのフックを効かせた展開で聴かせた正統的なグラインドコア炸裂で素晴らしい!!ASSUCKやDISCORDANCE AXISなどのファンは絶対に燃えてくるカッコよさです。このSplit 6"EPの両バンドの音源はCD化の予定は無いそうですが、グラインドコア好きを自負する全ての人に聴いてほしい入魂の力作です!!



伝説のジャパニーズ・ハードコア・パンク DEATH SIDEの、復刻版Tシャツ、新作Tシャツ、ジップパーカーがパンク・ショップ各店でも流通開始!!

ボディはTシャツがそれぞれGILDAN製、ジップパーカーはUNITED ATHLE製、TシャツのサイズはS / M / Lの3種、ジップパーカーは S / Mの2種です。Tシャツには各デザインのバック襟下に上記のロゴ・プリントがあります。



・DEATH SIDE - Stand on the Death Side T-SHIRT 税込2,700円

こちらは2017年に行った国内ライブ会場で販売された復刻版Stand on the Death Side Tシャツです。



・DEATH SIDE - Illustration by Sugi T-SHIRT 税込2,700円

こちらはイラストレーター SUGI氏描き下ろし新作Tシャツです。



・DEATH SIDE - Wasted Dream ZIP HOODIE 税込5,400円

こちらは4月にオーストラリアのライブ会場で販売したフードパーカーです。

http://recordboy.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=989206&csid=0&sort=n&c&view=mobile&cn=e8d34237d3a30039370359b5259c2f60

 

Deathrashing Rgae to the Death from the Graves!!

 投稿者:BOY  投稿日:2017年12月 3日(日)21時26分44秒
  ・DISCIPLES OF POWER - Power Trap CD 税込1,836円 (Vic)

カナディアン・スラッシュ・メタル・バンドの1989年1stアルバムが、オランダのVic Recordsから再発。全く知りませんでしたが、オリジナルはカナダ・スラッシュ/ハードコア名門 Fringe productionからリリースされていて、LP/CDともに高額で取引される激レア盤のようです。

合衆国産スラッシュの影響下にありながら、カナディアン・バンドの魅力も備えた良質スラッシュで、これは日本のスラッシュ・メタル・マニアに人気が高そうなサウンドです。ギター・オリエンテッドなベイエリア・スラッシュも彷彿させるメロディックなイントロデスタートしますが、スピード・ダウンしたベイエリア・バンドの2nd以降の作品のような退屈さはなく、テクニカルなリフの応酬はDBC的で、つんのめるようなスピード感はSOOTHSAYERなどのハードコア寄りカナディアン・スラッシュにも通じます。特に、美意識を維持しながらのプログレッシブ・スラッシュと言い切っても良いほどのめまぐるしい展開は非常にスリリングで、BLIND ILLUSIONやCORONERファンにもオススメ。カナディアン・スラッシュ最高!!



・SUBSIDENCE - Portrait of Pain / The Rake One EP CD 税込1,944円 (Dark Symphonies)

1990年代にUSミシガンで活動したスラッシュ・メタル・バンドの、1995年発表唯一のアルバムに1994年デモもプラスしたディスコグラフィーCDが、Dark Symphoniesからリリース。自主制作だったオリジナル盤CDはビックリするような高額で取引される激レア盤のようです。

もうジャケのセンスからして期待大ですが、今までたくさん入荷してきたカルト・レア盤再発の中でも最強の部類に位置する作品だと思います。ダサイ!!とにかくダサイ!!!死ぬほどダサイ!!!!!よくぞここまでダサいフレーズやキメを連発できるものだと、感服してしまいました。その様はまるで、SEPULTURAのChaos ADとANTHRAXの融合のようで、Never a Breathという曲の前奏リフのダサさは、もはや神がかっています。でも、US東海岸のタフガイ・メタルコアっぽい重苦しさもあり、スラッジな重厚パートはMERAUDERやSHEER TERROR等に影響されたバンドと仮定して聴けば、別におかしくありません。しかし、これをUSローカル・メタルの末端として捉えて聴けば、やはり最高に魅力的なド腐れスラッシュとして輝きを放ってきます。とにかく、ジャケから音まで、これは相当手強いクソダサ・スラッシュ・デス!!!



・FUNERAL NATION - Molded From Sin CD 税込1,836円 (Vic)

ABOMINATIONとFUNERAL BITCHのメンバーが始めたシカゴのデスラッシュ・メタル・バンド FUNERAL NATIONの、初期名作デモ2種と2017年新録EPをまとめたコンピレーションCDが、オランダのVic Recordsからリリース。このバンドはコンピレーション・アルバムが多数存在しますが、実は過去に再発済みの音源を組み合わせを変えて再編集されたものがほとんどです。しかし、本CDはこれまでの中で最高の編集内容ではないでしょうか?毎度追いかけて各種入荷させてきましたが、その種類の多さのせいで今回はしっかり内容確認せず流れ作業でオーダーしちゃったけど、この内容ならガツン!と最初からもっとオーダーすべきでした。ホントかっこいい、このバンド!!!


Tracks 1-5 : State Of Insanity DEMO 1989
Tracks 6-10 : The Benediction DEMO 1992
Tracks 11-13 : Funeral nation EP 2017


MOTORHEADも土台にあった初期MASTERが、Show No Mercyの頃のSLAYERのような必殺リフ&フレーズでスピード・メタル・テイストになったようなサウンドがいつ聴いても最高に激渋です。CCG Underground Records Demo Seriesでもヴィニール化された名作1989年1stデモ State Of Insanityでは、Reign Of Deathのようなドライヴィンなキラー・リフも聴かせますが、やはりこのバンドの最大の魅力は、テンポ・チェンジを繰り返しながらもシカゴ・デス・メタル流の重心の低さを維持する疾走感と、そしてそこに乗るヘヴィメタル土台のキラー・リフに尽きます。ドラマーが変わっても、The Benedictionデモでの必殺フレーズの応酬は相変わらず。NWN!オーナーも今年2017年にライブを見て、「FUNERAL NATIONの80年代から全く変わってないスタイルは、驚異的なまでに素晴らしかった」と言っていましたが、新録EP音源を聴くとその発言も完全に納得できます。UKのDEATHWISHと似たところも感じます。バンド自主リリースのコンピレーションは質素な作りのジャケが多かったけど、このVic Recordsのコンピレーションはブックレットも良いので、初めて聴く人から信者まで、全トゥルー・メタルヘッズ必聴と断言したい!!!



・DEVASTATION (US Chicago) - Dispensible Bloodshed CD 税込1,836円 (Vic)

USだけでもいくつか同名異バンドが居てややこしいですが、Combatから2ndを出していたテキサスのスラッシュ・メタルではなくて、SINDROMEメンバーが在籍してたシカゴのデスラッシュ・メタル DEVASTATIONです。2008年に3枚組CDがMarquee Recordsから出て、2014年にはBuried By Time And Dustからアナログ盤もリリースされて好評でしたが、今回はオランダVic Recordsからリーズナブル且つしっかりボリュームもある内容のコンピレーションCDがリリースされました。激渋なカラー写真満載のライナーノート・ブックレットも文句なしの仕上がり!!


Tracks 1-4 : "A Creation Of Ripping Death" (1986年デモ)
Tracks 5-8 : "Re-Creation Of Ripping Death" (1986年デモ)
Tracks 9-15 : "Dispensible Bloodshed" (1987年未発表アルバム)
Track 16 : Live 1986
Track 17 Live 1987


POSSESSEDのJeff Becerra, NAPALM DEATH / RIGHTEOUS PIGSのMitch Harris, CARCASS / ARCH ENEMYのMichael Amott, DARKTHRONEのFenrizをはじめ、AT WAR, HELLWITCH, NOVEMBERS DOOM, USURPERなど、スラッシュ/デス/ブラック/ドゥーム・メタルのレジェンダリ―・ミュージシャンらによる多数の称賛コメントがどれも熱くて、このバンドのカルトな人気と影響力の高さがうかがえますが、80年代のデスラッシュ、特にやはりアメリカン・バンドの猪突猛進スタイルが好きな方は間違いなく必聴です。SINDROMEのテクニカルなリフ・ワークをSADUSに代表されるKREATOR直系アメリカン・デスラッシュっぽく激化させたような感じで、Mitch Harris氏による、"SLAYERさえも近づけなかったダイナミックなリフ攻撃で、俺の永遠のフェイバリット・バンドだ"という少々大げさなコメントもうなずいていただけることでしょう!!



・ACCIDENTAL SUICIDE - Dead Erotica CD 税込1,836円 (Vic)

Peaceville傘下のDeaf Recordsから1992年に発表したアルバム "Deceased"がデス・メタル・コレクターには有名なUSミルウォーキーのバンドの、1993年録音未発表EPにデモもプラスしたコンピレーションCDがVic Recordsからリリース。ブックレットにはメンバーのインタビューも掲載しています。


Tracks 1-4 : Erotic Dead 1993
Tracks 5-7 : Flesh Parade Demo 1990
Tracks 8-13 : Sadistic Intentions Demo 1989


VIOGRESSIONメンバーが在籍するバンドで、ドゥーム・テイストの強いアメリカン・デス・メタルですが、 "Deceased"アルバムはカルトなオーラ満点のジャケにピッタリのグルーミー・シックネスが渦巻いた作品でした。CELTIC FROST起源ドゥーム・デスのダイナミズムからは程遠く、AUTOPSY影響下の退廃感も薄くて、ブラスト・ビートなど速いスラッシュ・パートもあるけど、まるでグラインド・デス・メタルの非速パートや助走部分を組み合わせた不穏リフ&旋律のツギハギのような展開が独特のシックネスを生み出し、CONVULSEなどのフィンランド・デス・メタルの病的さが好きな人にもオススメしたい内容だったと思いますが、しかし今回発表されたお蔵入りEP音源やデモを聴くと、彼らの目指していたドゥーム・デス・メタルはけっこう志の高かったものだったのがわかります。未発表EPでは、展開の目まぐるしさとグルーム感にエピックさも加わり、プログレッシブなドゥーム・デスっぽさも時折感じさせて見事な完成度。2ndデモはドゥーム・スラッシュ・テイストもあり、CELTIC FROST土台じゃないDREAM DEATHのようでもあり、1stデモまでさかのぼるともっと凶暴で、GOATLORDやDOOMSTONE、あとDeaf RecordsつながりでPROPHECY OF DOOMファンにも聴いてもらいたい感じすらあります。カルトなドゥーム・デス好きは必聴!!



・JUMPIN' JESUS - The Art of Crucifying CD 税込1,836円 (Vic)

90年代デス/スラッシュ・メタルのマニアックでオブスキュアなレア作品を多く輩出した、HOLY MOSESメンバーによるWest Virginia Records傘下デス・メタル・レーベル Morbid Musicから1991年に発表されたジャーマン・デス・メタル・バンド唯一のアルバム再発盤CD。オリジナル・リリースはLP/CD/カセットの3種フォーマットが存在して、やはりこの界隈のカルト作品同様にCDがコレクターの間では最も人気があり高額で取引されているようです。1990年のデモもボーナス収録した、恐らくコンプリートなコンピレーションCDとなった、念願の再発盤です。


Tracks 1-11 : The Art of Crucifying ALBUM (1991年)
Track 12-17 : DEMO 1990


USデス・メタル・ムーブメントに触発された当時のジャーマン・バンドの典型のような渋さがあるバンドです。ATHEIST, MORBID ANGEL, DEATH, etcのフロリダ勢からの影響を感じさせるテクニカルなリフを駆使したスラッシュの基礎も垣間見えるスタイルですが、そのスラッシュ土台がDESTRUCTIONやCORONERといった母国ジャーマン・スラッシュ・メタルの先輩からの強い影響を感じさせるスタイルで、しかもMORGOTHやPESTILENCEほど完成されておらず、ガムシャラ感が強いのもまたジャーマン・メタルの血統を感じさせてくれて最高デス。BURIAL, CEMETERY, TORCHURE, ASSORTED HEAP 2ndなど、West Virginia / Morbid Musicや1FM Recordsなどのカルト・デス・メタル・ファンは間違いなく必聴!!革ジャン姿がカッコいいメンバーのルックスも、ジャケ・アートも素晴らしい。



・MISERY (Australia) - Revel In Blasphemy CD 税込1,944円 (Dark Symphonies)

1stアルバム An Necessary Evilの再発盤も好評だったオーストラリアのデス・メタル・バンド MISERYの1997年発表2ndアルバムCDが、Dark Symphoniesから再発。オリジナル・フォーマットもCDのみで、これまで形を変えての再発なども1度もなかった、OZデス・メタル・アンーダレイテッド・クラシックdeath!!

1stアルバムの起伏に富んだゴリゴリのデス・メタル・サウンドは、どっちかと言うとブルデス・ファンにも喜ばれそうな、CANNIBAL CORPSEタイプのファットなブルタリティーの印象が個人的には強かったバンドなので、この2ndのジャケ&タイトル、そしてジャリジャリしたロウ・ノイジー・サウンドにちょっと驚きました。そしてカッコいい!!オーストラリアのバンドが、冒涜スタイルで発揮するバツグンのセンスは、やはり見事としか言いようがありません。実際、この作品も、OZベスチャル・デス・メタルのルーツの一つとして捉えられて高く評価されることもあるようです。NYデス・メタルにも通じる1stアルバムの感触とは打って変わって非常に野蛮性が強く、しかしプリミティブとは違い、むしろテクニカルで、楽曲構成もデス・メタルの整合感を失っていないので、INCANTATIONなどのUS東海岸デス・メタルと、ABOMINATORやIGNIVOMOUSなどのOZベスチャル・デスとのミックス、さらにはブラスト・パートの爽快感はKRISIUNのようでもあります。オススメdeath!!

http://recordboy.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=988718&csid=0&sort=n&c&view=mobile&cn=e8d34237d3a30039370359b5259c2f60

 

Scandinavian Metal Jawbreakers!!

 投稿者:BOY  投稿日:2017年11月30日(木)01時10分46秒
  ・UNDER THE CHURCH - Supernatural Punishment CD 税込1,728円 (Pulverised)

スウェディッシュ・デス・メタル・シーン黎明期の80年代後期に結成され、活動時には単独作品は残さなかったものの、Dead加入時MAYHEMが残した唯一のスタジオ音源が提供されたアルバムとしても有名な1991年発表デス・メタルcomp.アルバム Projections of a Stained Mind (ANTI-CIMEXやPUKEなどもリリースしていたCBRからのリリース)などへの参加で、初期スウェディッシュ・デス・メタル・ファンには伝説的な存在のバンド NIRVANA 2002のリズム隊が在籍するUNDER THE CHURCHの2017年発表2ndフル・アルバムCD。今回もシンガポールのPulverised Recordsからのリリースです。

中心メンバーは元NIRVANA 2002リズム隊の2人ですが、他メンバーも改めて調べてみると、これはもう旧友が集合したと言うよりもスウェディッシュ・デス・メタル生き証人結集のような豪華なラインナップであることに気づきます。Vo.のErik Sahlstrom氏はCRUCIFYRE, GENERAL SURGERYでex.MAZE OF TORMENT, ギターはMERCILESSのErik Wallin氏と最初期MERCILESSのMarcus Klack氏という伝説バンドのメンバーばかり。

NIRVANA 2002は、Vo.がENTOMBEDに一時参加したバンドとしても有名ですが、Left Hand Pathと全く同じギター/機材/セッティングでレコーディングしたという逸話もあるオムニバス提供曲は、まさしくENTOMBEDの兄弟的な激渋極上スウェディッシュ・デス・メタルでした。今回もDISMEMBERやENTOMBEDなどの王道の初期型スウェデスを基礎にしながら、グルーヴを強調したり、スウェディッシュ・ハードコア風だったり、スロウ・ドゥーミーだったりと、散漫になることなく曲調にバラエティーを持たせたアルバム構成になってますが、どのアプローチでも非常にキャッチーな感覚があるのはUNDER THE CHURCHの特徴であり魅力かと思います。初期MIASMALやBASTARD PRIESTなどのD-Beatデス・メタル・ファンが大興奮するようなオープニング・ナンバーなんか、ちょっとNO SECURITYみたいでもあります。スウェディッシュ・デス・メタル・ファン大満足の必聴作death!!



・DEATHHAMMER - Phantom Knights LP 税込2,484円 (Hells Headbangers)

ジャケがちょっと変わって、Hells Headbangersからアナログ盤もリリース!今回はビアー/ブルー/オレンジのトリコロール・カラー・ビニールでの入荷です。

Forever Ripping Fast CDが大反響だったノルウェー2人組スラッシュメタルの、Witches Brew Recordsから2010年に発表したアルバムです。その1st CDがコレクション・アルバムのような形態だったので、正式なフル・アルバムとしては、本作が1stということになります。DARKTHRONEのF.O.A.D.アルバム・ジャケの墓堀りモヒカン君が着用してる革ジャンに、このDEATHHAMMERのロゴがペイントされてた事がきっかけで注目を浴び、Fenriz氏がいたくお気に入りで可愛がっていた若手スラッシャーですが、この作品でさらにブレイクして、その後は世界中のロウ・スラッシュメタル・ファンから注目される存在となりました。

このアルバムも、80年代の荒々しい直線型スラッシュメタルが好きな人は絶対にノックアウトされるであろう暴走突撃ポンコツ・ロウ・スラッシュメタルが素晴らしいです。ジャーマン・スラッシュ好きはとりあえず間違いナシな内容ですが、やはり今回もDESTRUCTIONがドランク・テイストを増したスタイルが最高に激しく愛しくカッコいい!!NECRONOMICONやノルウェーINFERNOみたいな完全無欠のDESTRUCTION型スラッシュメタルではなく、カナディアンSACRIFICEみたいなSLAYER直属ダーティー・スラッシュメタルなノリもあります。ジャーマン・スラッシュ系のちょっとクサいコード進行で熱くさせながらも、それをブチ壊すクソ音痴なギター・ソロ連発でヨレヨレになりながら立ちふさがるモノを破壊しまくって突き進むパワーに満ちてて最高。ABIGAILのYasuyuki氏っぽくもある裏返りハイトーンVo.と演奏のロウネスも相まって、初期TOXIC HOLOCAUSTなどが好きなパンクメタル・スラッシャーにもオススメです!!

http://recordboy.shop-pro.jp/?mode=srh&sort=n&ss=fe69a96eb5bfc47d5f1aa7512a25d8b8&view=mobile&cn=2b33c9c3efcac8327129c7815e464be4&cid=&keyword=blkmtl

 

Italian Metal Legends!!

 投稿者:BOY  投稿日:2017年11月30日(木)01時09分21秒
  ・FINGERNAILS - The Hellish Days (The Complete Demo Recordings 1981 / 1988) 2CD 税込2,484円 (Blasphemous Art prod.)

イタリアンMOTORHEADウォーシップ・メタル FINGERNAILSのデモ集2枚組CD。以前にこの同じレーベルからリリースされた1984年録音未発表デモCD Heavy Night 1984以外の音源をまとめたものになります。


CD 1:
01-04: "Welcome America" Demo 1985
05-13: "H. M. Forces" Demo 1986
14-15: Live at Guns Of Brixton, Rome 01-1984
16: Live 06-1984 with Fabiano "Master" Bianco (Drums) and Chris Bianco (Guitar)
17: Recorded 01-1982 for 2nd Italian Rock Festival selections
18: Recorded 06-1982

CD 2:
01-09: "Shadow Of The Blade" Demo 1987
10-17: "Dirty Wheels" Demo 1987
18: Rehearsal 1988
19: Recorded 06-1982


1988年に発表した1stアルバムは、世界的に見てもMOTORHEAD影響下スピード・メタルの最高峰に位置する大傑作ですが、このデモ集も、あの1stアルバムに魅了された人なら絶対に満喫できる内容です。ブルースのルーツをさらけ出したナンバーから、その後のアルバムでもなかなか聴かれないような2分で終了してしまう暴走ハードコア・チューンまで、興味深い音源/曲が満載。男臭い完璧なるMOTORHEADウォーシップ・スピード・メタルなのに、パンク・ファンも熱狂間違いなしのキャッチーさとの融合が完璧なのですが、その要因はなんと言ってもギタリストで中心メンバーのAngus氏の素晴らしいセンスに尽きます。当時台頭してきたスラッシュにも触発されたであろうチョリチョリ刻みも、絡みつくメロディックなフレーズも、ロックンロール魂あふれるブルージーなプレイでキメていてメガ渋カッコいい!!パンキッシュなMOTORHEADウォーシップと言ったら真っ先に思い浮かぶのは初期TANKと、そしてそのTANKのAlgy Wardにプロデュースしてもらい、見事なバランスのVENOMミーツMOTORHEADの名作となったBULLDOSERも思い出されるけど、このFINGERNAILSの1stはZADKIELやCITY INDIANも好きな日本人ならば絶対に聴くべきです。



・DEATH SS - ...In Death Of Steve Sylvester 2LP 税込3,240円 / DIGIPACK CD 税込2,160円 (Shadow Kingdom)
・DEATH SS - Black Mass LP 税込2,916円 / DIGIPACK CD 税込2,160円 (Shadow Kingdom)
・DEATH SS - Heavy Demons LP 税込2,916円 / DIGIPACK CD 税込2,160円 (Shadow Kingdom)

強烈に打ち出したホラー・イメージと、胃もたれしてしまいそうな真っ黒いへヴィメタル・サウンドで、頑固なヘッドバンガーズはもちろん、90年代初頭にブラック・メタルやドゥーム・メタルを開拓していった先人バンドの多くにも慕われる、キング・オブ・イタリアン・オカルト・メタル・バンド DEATH SSの1988年1st, 1989年2nd, 1991年3rdの初期名作3種がShadow Kingdomから再発。先にカセット・バージョンで入荷していましたが、LPとCDも遂に再発されました。1stアルバム ...In Death Of Steve Sylvesterのアナログ盤のみ2枚組。CDは各種ゴールドディスクでデジパック。アナログ盤、CDともに、DEATH SSの魅力を最大限に生かしたような素晴らしい仕上がりです。

長い歴史の中で音楽的スタイルは変化を繰り返しますが、初期は鋼鉄度数の高いリフワークと、70年代オカルトなムードが交錯して、真性ヘッドバンガーズはもちろん、近年盛り上がりを見せるヴィンテージ・オカルトなへヴィメタルを堪能してるヤングも聴かねばならない、最重要カルト・メタル・バンドの一つです。スピード・メタルっぽい鋼鉄リフも飛び出すパワー・メタルをドス黒いフィルターを通した、後に同国の継承者 MORTUARY DRAPEや東京のSIGHなどが継承しているような部分が感じれますし、シケた南欧鋼鉄エピックらしい安っぽい荘厳さは、CATHEDRALなども影響されたように推測させます。とりあえず3rdまではオカルト・メタル・ファンは必聴のマスターピースです。

http://recordboy.shop-pro.jp/?mode=srh&sort=n&ss=fe69a96eb5bfc47d5f1aa7512a25d8b8&view=mobile&cn=2b33c9c3efcac8327129c7815e464be4&cid=&keyword=spdmtl

 

レンタル掲示板
/242