teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


OUTO Official Merchandises

 投稿者:BOY  投稿日:2017年10月17日(火)16時20分12秒
  大阪ハードコア・パンク OUTOのオフィシャル・マーチャンダイズ!!締め切り直前のご案内で申し訳ございません、明日10月18日(水)20時までご予約受付ます(明日の水曜は営業します。明後日の木曜は休みます)。

*予約受付締め切り : 2017年10月18日(水) 20:00
*発売日 : 2017年10月末日あたり
*発売延期の際は、他商品と併せてのご注文のお客様には別清算をお願いする場合がございます。予めご了承ください。



・OUTO - Logo T-SHIRT 税込2,700円 (ご予約受付商品)

こちらはロゴプリントTシャツです。

BODY COLOR / PRINT COLOR
ブラック / ホワイト・ブラック

ボディー : GILDAN/T2000
SIZE S / M / L / XL
身丈 / Length : 71 / 73 / 76 / 78cm
身幅 / Width : 45 / 50 / 55 / 60cm
袖丈 / Sleeve length : 17 / 17.5 / 18.5 / 20cm
*微妙な寸法違いはご了承ください



・OUTO - No Way Out T-SHIRT 税込3,240円 (ご予約受付商品)

こちらはバックプリント有Tシャツのご予約カートです。ブラックボデイとレッドボディがあります。

BODY COLOR / PRINT COLOR
ブラック or レッド / ホワイト・ブラック

ボディー : GILDAN/T2000
SIZE S / M / L / XL
身丈 / Length : 71 / 73 / 76 / 78cm
身幅 / Width : 45 / 50 / 55 / 60cm
袖丈 / Sleeve length : 17 / 17.5 / 18.5 / 20cm
*微妙な寸法違いはご了承ください



・OUTO - No Way Out LONG SLEEVE T-SHIRT 税込4,320円 (ご予約受付商品)

こちらはロングスリーブTシャツです。

BODY COLOR / PRINT COLOR
ブラック / ホワイト・ブラック

ボディー : GILDAN/T2400

SIZE S / M / L / XL
身丈 / Length : 72 / 74 / 78 / 81cm
身幅 / Width : 46 / 52 / 53 / 60cm
袖丈 / Sleeve length : 57 / 62 / 65 / 68cm
*微妙な寸法違いはご了承ください



・OUTO - No Way Out PULLOVER HOODIE 税込6,480円 (ご予約受付商品)

こちらはぱパーカーです。

BODY COLOR / PRINT COLOR
ブラック / ホワイト・ブラック

ボディー : United Athle/5391-01 9.3オンス

SIZE S / M / L / XL
着丈 / Length : 64 / 67 / 70 / 74cm
身幅 / Width : 50 / 53 / 56 / 59cm
袖丈 / Sleeve length : 57 / 59 / 61 / 63cm
*微妙な寸法違いはご了承ください

http://recordboy.shop-pro.jp/?mode=srh&sort=n&ss=10909139db59a45ec235fff54bdc0c4a&view=mobile&cn=c3e75c6d2acc95703644fa75af67a309&cid=&keyword=prrdr

 
 

MagneGates!!

 投稿者:BOY  投稿日:2017年10月15日(日)22時13分0秒
  ・MAGNESIUM - 中国の冒険記海外初演 TAPE 税込1,980円 (Metal Bayonet)

MAGNESIUMが2016年9月3日、北京で行ったライブ音源が限定150本のカセットでリリース!!"Time Tells No Lies" のリハーサルテイク収録の全8曲入り。レーベルでも完売らしく、今回のみの入荷になります!!

1. Metal Soldier
2. Time Machine
3. Metalbringer
4. Magnesium Lady
5. Time Tells No Lies
6. Magnesium
7. Sheralee (Soldier cover)
8. Time Tells No Lies (Tape-exclusive rehearsal version)



・G.A.T.E.S - Back From The Grave TAPE 税込1,080円 (Basement)

マレーシアのレーベルからカセット・バージョン発売!!東南アジアでの流通を目的にリリースされたものなので、バンドから卸してもらった今回のみの入荷になります!!

東京クラストコア・パンク ANTI AUTHORIZEとLIFEでギターを弾いてきたFutatsugi氏のメタルパンク構想を具体化すべくスタートしたG.A.T.E.Sは、TERROR SQUADのMaekawa氏の正式加入を機に、ここ数年これまでにないくらい精力的に活動してきていますが、今年2017年はその集大成とも言える年で、6月には初の海外遠征でNYでのライブも予定しています。NEPENTHESでも活動して音楽的趣向も幅広いVo.のNegishi氏と、ドラムには全世界中のトゥルー・ヘヴィメタル・ミュージシャンの想いを集約したような音楽をひたすらマイペースに作り続けてきたMAGNESIUMのSamm氏という、三者三様の強力なヘヴィメタル・ミュージシャン諸先輩方が、「パンクにチャレンジする」闘争心を掻き立てられるのは、そこにハードコア・パンクとヘヴィメタルを断絶する垣根として永遠に立ちはだかる「R&R」という本質に真正面からぶつかることができる音楽性と変態性を、G.A.T.E.Sに見出しているからではないでしょうか。G.A.T.E.Sのメンバーには恐らく世で言うR&Rが好きな方もいれば大嫌いな方もいるんではないかと思うけど、DISCHARGEに魅了されたBATTALION OF SAINTSも、R&RゴッドファーザーLemmyのカンにさわってしまうほどキョーレツだったVENOMも、大酒飲みでライブはビックリするくらいペラッペラに薄っぺらいサウンドだったというTANKも、無茶苦茶ではあったけどR&Rとして完璧なまでにシンプルだったようなあの80年代オリジナルな感覚を、ハルマゲドン間近のこのご時世に体現する世界規模で数少ないバンドが、このG.A.T.E.Sでしょう。魂のこもった渾身の1stアルバムです!!

http://recordboy.shop-pro.jp/?mode=srh&sort=n&ss=fe69a96eb5bfc47d5f1aa7512a25d8b8&view=mobile&cn=2b33c9c3efcac8327129c7815e464be4&cid=&keyword=jpmtl

 

Deathrashing Rgae to the Death from the Graves!!

 投稿者:BOY  投稿日:2017年10月15日(日)22時11分35秒
  ・PESTILENCE - Malleus Maleficarum LP 税込2,484円 / 2CD 税込2,160円 (Hammerheart)

オランダ・デス・メタル代表格 PESTILENCEの1988年発表1stアルバムがHammerheartから遂に再発!!これまでCDでの再発は各種ありましたが、今回のCDはデモ&オムニバス曲を収録したボーナス・ディスク付き2枚組でスリップケースに収まった、最もボリュームのあるバージョン。アナログ盤はオリジナル・リリース以来今回まで1度もされてなく、近年かなり高額に取引されるレア盤と化してきていましたので、LPを探していた方もぜひこの機会に入手してください!!

初期デス・メタルを代表する名盤の1枚でもある1989年発表2ndアルバム Consuming Impulseで当時日本でも一気に知名度が上がりましたが、この1stアルバムはスラッシャーも狂喜させるデスラッシュのマスター・ピースとされています。ダッチ・デスの特徴とされる金属質の切れ味と破壊的な音塊を、SLAYER直系のリフワークで猛烈なスピードに乗せて叩きつけます。DARK ANGELにかなり酷似したリフもけっこう飛び出して、ドライな感触はDEMOLITION HAMMERあたりにも近いところがあるけど、その辺のアメリカン・スラッシュ・メタルのゴリゴリさにはないダークネスとエピックなメロディーが絡んでくるところは、伝統的ヨーロピアン・スピード・メタルの延長線上にあるデスラッシュという感じでカッコいいです。80'sスラッシュ・メタル・ファンも初期デス・メタル・ファンも必聴のマスターピース!!デモ音源も破壊的に最高デス!!



・INQUISITOR - Walpurgis-Sabbath Of Lust 2CD 税込1,944円 (Hammerheart)

知る人ぞ知るオランダ・デスラッシュ・メタルの1996年発表1stアルバムが、デモ集ボーナスCDもセットにした初期音源集2枚組となってHammerheartから再発。


CD 1 :
Tracks 1-11 : Walpurgis-Sabbath Of Lust ALBUM (1996年)

CD 2 :
Tracks 1-5 : Blasphemous Accusations DEMO (1992年)
Tracks 6-10 : Your Pain Will Be Exquisite DEMO (1993年)


スラッシュ不遇の90年代らしい、実にカルトなクレイジー・デスラッシュが素晴らしいです。サタニックなアティチュードながらドロドロしたオカルティックなムードはあまり無くて、MERCILESSやSADUSなどの影響を感じさせるグラインド手前の猛速ビートと、スラッシュ全盛期の80年代でもここまでクレイジーなスタイルはそうはいなかったであろう、ハイトーン・シャウトVo.が強烈!!ファットなギター・サウンドはデス・メタル的ですがリフはスラッシュ。ドラミングは乱雑な感じがあって、90年代中期にはほぼ出そろっていたエクスリーム・メタルの様々な要素を、この時代にここまで衝動的にブチまけていたのはちょっと驚異的です。当時は全く見向きもされずに消えたのも完全納得ですが、だからこそ素晴らしい!!これぞカルト!!デモ時代よりもアルバムのほうが吹っ切れてるようなところも素晴らしい。



・OPPROBRIUM (INCUBUS) - Serpent Temptation CD 税込1,944円 (Relapse)

USルイジアナ出身激速デスラッシュ・メタル INCUBUSの1988年発表1stアルバムがRelapseから再発。解明後のOPPROBRIUM名義での再発ですが、1987年の1stデモ Supernatural Deathの4曲も追加した、完全にINCUBUS時代初期マテリアルで構成されています。

1990年の2ndアルバム Beyond the UnknownがNuclear Blastから発表され日本でも知名度が上がったバンドですが、バンドの自主レーベル Brutal Recordsからリリースされたこの1stアルバムは、ハードコアなアンダーグラウンド・スピード・スラッシャーに当時大絶賛されました。MERCILESSやSADUS以上とも言える猛スピードはWEHRMACHTなどのスピードコア並みながら、ほとんどのアメリカン・スピード・スラッシュ・メタル・バンドがSLAYERとパンクの影響の下にハードコア化するに従って失せていった正統派スピード・メタル的なフレーズやリズム・パターンなども頑なに維持した奇跡の名作!!オリジナル盤ほしいなー!!



・MASTER - S/T DIGIPACK 2CD 税込2,160円 (Hammerheart)

近年、各種レーベルから手を変え品を変え様々な仕様でリリースされてきたMASTERの初期最強音源をコンパイルした決定版とも言える2枚組CDがHammerheartからリリース。SLAUGHTERと並んでD-Beat系クラスティーズにも人気の高い初期USシカゴ・デス・メタル重要バンドの1990年発表1stアルバムを、オリジナル・ミックスとトリガー・ミックスの2バージョン、リハ・デモ、そして"Unknown Soldier"のタイトルでもリリースされたUnreleased 1985 Albumをまとめた全36曲入り!!


Tracks 1-11 CD1 - Original un-triggered mix.
Tracks 12-18 CD1 - Rehearsal demo.
Tracks 1-11 CD2 - Triggered mix.
Tracks 12-18 CD2 - Unreleased 1985 Album


1stアルバムなのに「伝説のあのバンドが帰ってきた!!」とジャケにステッカーが貼られてセンセーショナルに売り出されたのは、後にも先にも本作くらいでしょう。当時ELECTRO HIPPIESのアンディ氏がお手製パッチを付けていたように、アンダーグラウンド・シーンでは80年代から既に伝説的な存在で、Combatとの契約が成立しなかったためにお蔵入りとなった1985年の未発表アルバム音源は、ダークでロウな突進重戦車ハードコア・メタル・サウンドがいつ聴いてもモノ凄い!!!デス・メタル・シーンと親戚のような関係性にあったスウェディッシュ・ハードコア・パンクとの共通性も強く感じさせます。NWN!オーナー氏は「これが85年に録音されていたなんて、信じられない」と言ってましたが、もしこの作品が当時陽の目を見ていたら、後のエクストリーム・メタル・シーンの動向は確実に変わっていた筈です。それくらい驚異的な内容です。



・FATAL - Soul Burning Still-A Fatal Retrospective CD 税込1,728円 (Hammerheart)

USミシガン・デトロイトのデス・メタル・バンドのディスコグラフィーCDがHammerheartから再発。2005年にNecroharmonicからRetrospective From Hell というタイトルのCDが出てましたが長らく入手困難な状態でしたので、探していたデスラッシュ・メタル・ファンはぜひこの機会に入手してください。唯一の単独レコード作品の90年発表7"とデモ3種を収録した全17曲入り。


01-05 : Guts for Dinner DEMO (1988年)
06-10 : Fatal aka Molested Slaughter DEMO (1988年)
11-14 : Soul Burns DEMO (1989年)
15-17 : A Somber Evocation of Nihilism 7" (1990年)


7"が初期デス・メタル・カルト・レーベル Thrash Recordsからリリースされ、日本でもけっこうよく見かけたレコードだったので、このジャケに見覚えのある人もいることでしょう。90年にThrash RecordsからEPが出ていた、と聞くとデス・メタル・ファンは無条件に反応してしまうでしょうが、サウンドはPOSSESSED, DEATH, SADUS辺りのアメリカのスラッシュ~デス・メタル過渡期のバンドと共通するタイプで、オブスキュア・デスラッシュ好きにかなりオススメです。メロディックなギターが特徴的で、これが欧州っぽい雰囲気も強いので、ドイツMORGOTHやオランダPESTILENCEなどユーロ・デス・メタル・バンドのスラッシュ色が強かった初期作品が好きな人にも聴いてもらいたいです。しかし、Vo.の凶暴シャウトはスラッシュにはないバイオレンス・テイストでこれもまたカッコいい。オブスキュア・デスラッシュ・ファン必聴のナイス・リイシュー・デス!!



・ABSU - Barathrum : V.I.T.R.I.O.L. CD 税込1,944円 (Dark Symphonies)

アメリカン・ブラック・メタル・レジェンド ABSUを生涯フルリスペクトして各種リイシューをライフワークとするThe Crypt / Dark Symphoniesオーナーが、1993年発表1stアルバムも遂にCDバージョンで再発。コレクターに人気の高い激レアGothic RecordsオリジナルCDジャケ・アートを表にして、Osmose盤激渋メンバー写真ジャケを裏表紙にしたブックレットには、The Cryptアナログ盤再発の際に公開されたレア写真も満載して、ライナーノートやバイオグラフィーも相当に力が入って、ABSUへの並々ならぬ愛情を感じさせる仕上がりとなっています。

デスラッシュだったDOLMEN ~ デス・メタル色を強めたAZAGTHOTHへと深化して、より北欧ブラック・メタルの美学に肉迫したABSUの金字塔的名作です。キーボードや女性コーラスでミステリアスな要素を強めながらも、リフや複雑な展開はまだかなりデス・メタル・テイストが強く、スウェーデンのDARKIFIEDやなどのようなオカルト・ミステリアスな北欧デス・メタルに近い世界観です。
現在も活動を続けるUSブラック・メタルの大御所ですが、Dark Symphoniesが再発しているCD各種は、初期オブスキュア・デス・メタル・ファンのツボを突きまくる、オカルト・カルト・デス・メタル全開デス!!



・DETERIORATE - Rotting in Hell 2CD 税込2,160円 (Dark Symphonies)

USペンシルヴァニア出身デス・メタル・バンドの、1993年にJL Americaから発表した1stアルバムが、デモ集ボーナス・ディスクもセットにした2枚組CDでDark Symphoniesから再発。オリジナル盤は$100以上で取引される激レア盤としてコレクターに人気が高く、しかも内容もダイハード・デス・メタラーに高く評価されるカルト名盤です。


CD 1 :
Tracks1-10 : Rotting in Hell ALBUM (1993年)

CD 2 :
Tracks 1-10 : Agonized Display Demo 1993
Tracks 11-14 : Self Titled Demo 1992
Tracks 15-20 : Gather the Nebbish Demo 1995


NYデス・メタルに近い質感のダイナミックでソリッドなサウンドによる目まぐるしい展開のデス・メタルですが、リフやメロディックなソロが抜群にキャッチーで、CANNIBAL CORPSE, SUFFOCATION, IMMOLATION, etcよりもブルデス・タッチが強いにも関わらず、オールドスクール感も見事にキープしています。デモはまだこのシュレッドなギター・サウンドを確立する前なので、フロリダのBRUTALITYなども彷彿させる、起伏の激しさ/グルーヴ/陰鬱ソロの素晴らしいコンビネーションです。アメリカン・デス・メタル・ファン必須の念願初オフィシャル・リイシュー・デス!!

http://recordboy.shop-pro.jp/?mode=srh&sort=n&ss=fe69a96eb5bfc47d5f1aa7512a25d8b8&view=mobile&cn=2b33c9c3efcac8327129c7815e464be4&cid=&keyword=blkmtl

 

Sabbaticalucifers!!!666!!!

 投稿者:BOY  投稿日:2017年10月11日(水)19時33分41秒
  * 毎週水曜は当店の定休日ですが、昨晩フィニッシュできなかったSABBAT / METALUCIFER商品のカートアップを先ほど完了しました。受注対応は明日木曜日以降になります。ちなみに来週は水曜日を営業して木曜日10/19(木)にお休み致します。また後日お知らせ致します。



・METALUCIFER - Heavy Metal Bulldozer (Japanese Line Up) CD 税込1,620円 (Iron Pegasus)

SABBATのGezol氏率いるMETALUCIFERの、オリジナル・ラインナップが揃って2009年に発表した3rdアルバムが、ドイツIron Pegasusから新バージョンCDリリース!!このアルバムは、英語詞のイングリッシュ・バージョン/日本語詩のジャパニーズ・バージョン/Gezol氏本人は演奏せず監督に徹してドイツ人ミュージシャンに演奏させた画期的なジャーマン・バージョン(Teutonic Attack)の計3種の内容で発表されて話題を呼びましたが、Iron Pegasusはジャーマン・バージョン担当のレーベルでした。従って、ヨーロッパでは今までにMETALUCIFER本人達が演奏しているバージョンはリリースされていなかったわけで、このたび、ようやくオリジナル・メンバーによる(日)本人演奏バージョンが欧州で発売されたことになります。ややこしいですが、(Japanese Line Up)バージョンだけど、日本語詞バージョンではなく英語詩バージョンですので、今までは"イングリッシュ・バージョン"と呼んでいたモノです。しかしボーナストラック2曲は日本語詩バージョン!!自分でも解説書いててわけわからなくなってきましたが、トドメにブックレットがIron Pegasusのドイツ人バージョン Teutonic Attackジャケを基にしてるので、METALUCIFERファン以外にはもう何が何だかわからないことでしょう。Iron Pegasusお得意の、「パッと見、帯付に見える」アウター・シートが付いてますので、これを紛失するといよいよ致命的に混乱してしまいますよ。


1. Heavy Metal Ironfists
2. Heavy Metal Bulldozer
3. Heavy Metal Battleaxe
4. Heavy Metal Warriors
5. Heavy Metal Highway Rider
6. Heavy Metal Mountain
7. Heavy Metal Wings of Steel
8. Heavy Metal Ambition
9. Heavy Metalucifer
10. Heavy Metal Demons
*11. Heavy Metal Battleaxe / 血染めのメタル・アクス (日本語詞未発表バージョン)
*12. Heavy Metal Ambition / 野心前進 (日本語詞未発表バージョン)


楽曲については改めて解説するまでもなく、80年代の世界中に生息した、メインストリームには絶対ない危うい感触を絶妙に表現した真のダイハード・メタルで、必殺の80年代旋律が随所に決まっています。英語Vo.バージョンはこれぞMETALUCIFERな味わいを維持しつつも、新しいファンにも比較的とっつきやすい内容ではないかと思います。



・SABBAT - Bloody Countess CD 税込1,620円 (Thrashingfist prod.)

Gezol氏, Elizaveat氏(METALUCIFER, BLIND WITCH), Samm氏(MAGNESIUM, G.A.T.E.S)の3人に、Ozny氏も1曲ギターで参加して1985~1986年に録音された最初期デモ音源集がボーナス曲を追加して晴れて初単独CD化再発。オリジナル・リリースは1991年にGezol氏自身のレーベルのEvil Recordsから限定100本のカセットで発売され、後にUSのHolycaust Recordsから限定100枚でリリースされたLPバージョンは、今では高額で取引されるSABBATファン鬼門のレア・アイテムとされています。CDはこれまで各種コンピレーションに収録されていましたが、オフィシャル単独CD化は今回が初。当時の写真とオリジナル・デモ・カバーも掲載したグロッシーなスリーブもナイスな仕上がりです。限定500枚!!


1. Welcome to Sabbat / Splatter
2. Bring Me the Head of Satan
3. Bloody Countess
4. Panic in the Head
5. Poison Child
6. The Egg of Motley (Madara no Tamago)
7. Children of Hell
8. Possessed the Room (Kanashibari Part 1)
9. Immortality of the Soul
10. Long Way to the Beyond
11. Bloody Countess (with Ozny version)
12. COE (rehersal)



・SABBAT - Sabbatical Possessitic Hammer DIE HARD LP 税込3,780円 / REGULAR LP 税込1,944円 (Nuclear War Now!)

Sabbatical Earlyearslaught 4xCD DIE HARD BOXSETの目玉音源として初披露された、1989年5月2日名古屋Huck Finnでの幻のラインナップによる4人編成ライブ音源4曲入りLPが、遂に単独リリースLPも一般流通。これまで、Nuclear War Now! Fest 2016会場販売用限定100枚ピクチャー盤LPでしか単独リリースされていなかった音源です。

グリーン・ビニールのダイハード・バージョンには、タペストリー・フラッグとステッカーが付属。ダイハード・バージョン/レギュラー・バージョン共通のポスターは、この時のライブのフライヤーを片面にプリントし、もう片面にはこのライブ時の幻の編成について語ったGezol氏インタビュー(英語)やSAMURAI ZINEでのライブ・リポートなどをプリントしたポスターが付いています。このライブは伝説のメタル・ファンジン SAMURAI ZINEの企画で行われたもので、共演は、VIETNAM, RAGING FURY, そしてS.D.S. (SOCIETIC DEATH SLAUGHTER)の全4バンドというラインナップ。このポスターは素晴らしい!!



・SABBAT - Sabbatical Possessitic Hammer TAPE 税込648円 (Stygian Shadows prod.)

こちらはNWN!オフィシャル・ライセンスでハンガリーのレーベルから発売された限定168本ナンバリング入りカセット・バージョンです。歌詞/データ掲載のスリーブの他に、インタビュー・シート・インナーが付属します。


1. Satanic Rites / Crest of Satan
2. Darkness and Evil
3. Kanashibari
4. Black Fire

Recorded live at Huck Finn, Nagoya Japan, May 2nd 1989

Gezol: Bass
Zorugelion: Drums
Barraveat: Guitar
Possessed Hammer: Vocals


このライブは、ドラムにex. SATANASのZorugelion氏, ギターにBarraveat氏, そして専任Vo.が故Possessed Hammer氏で、Gezol氏がベースに専念した唯一のSABBATライブとされていますが、特筆すべきはやはりSABBAT歴代メンバーの中で最もカルト指数の高い、いや、当時はあらゆる関係者に大不評でカルト崇拝する者なんて1人もいなかったというPossessed Hammer氏のヴォーカルでしょう。失礼な意味などではなく、賛辞の言葉として言わせてもらいますが、これは完全に死神に憑りつかれた声です!!!MORBID / MAYHEMの故Deadと同じ死臭が漂います。

http://recordboy.shop-pro.jp/?mode=srh&sort=n&ss=10909139db59a45ec235fff54bdc0c4a&view=mobile&cn=c3e75c6d2acc95703644fa75af67a309&cid=&keyword=sbbt

 

Japanese Punks!!

 投稿者:BOY  投稿日:2017年10月 8日(日)19時08分52秒
編集済
  ・万引チョコレイト (MANBIKI CHOCOLATE) - 返済 (Hensai) CD 0円

"ソロバン"CDデッドストック発掘入荷が、USレーベルからのディスコグラフィーLPの発売へつ繋がり、復活新録CDもリリースした万引チョコレート、以前無料配布された前作"借金"、そしてそれに続く同じく全7曲収録の本作が"返済"です。

ソノシートが海外のジャパニーズ・ハードコア・パンク・マニアにも人気が高く、"万チョコ"という凄い名でコレクターの間では有名な栃木のハードコア・バンドです。シールドされたフォールド・ペーパー・スリーブで、今回も無料配布です。

本当にたくさん送ってもらいましたので、焦らなくても絶対に大丈夫です。こちらのみでのカート注文や取り置きメールやご遠慮ください。必ず他の商品とあわせてご注文お願いします。それが一番スムーズです。



・VULGARITY KIDS - ST ONE-SIDED LP 税込3,240円 F.O.A.D.

80年代後期に栃木は宇都宮で活動していたハードコア・パンク・バンド VULGARITY KIDSの、1988年にAsia Recordsよりリリースされていた8"ソノシート収録曲に、Adventure Familiy Recordsの名作Comp. Enjoy Your Youth LP提供バージョンを加えて、イタリアF.O.A.D.が片面12"で再発!!オリジナル盤ソノシートは最近値段が高騰している人気のレア盤で、F.O.A.D.によるジャパニーズハードコア・パンク再発シリーズは毎度海外でも反響が大きいので、ファンは今回も逃さないでください!メンバーによるライナーと写真も掲載されたブックレットと帯も付いた限定300枚プレスで、入荷したLTD.100枚のダイハード・バージョンはレーベルでは即完売しているので、今回のみの入荷となります。

キャッチーなフレーズで畳みかけるスラッシュ・ハードコア・サウンドと、ボーカル、コーラスの掛け合いは当時の京浜ハードコア・パンクともリンクするところも多く、一直線な楽曲に熱血ボーカルが乗ったSYSTEMATIC DEATH直系のスタイルのナンバーで構成された全5曲。しかし、ノイジーなギター・サウンドとドカドカ・ドラミングを主体としながらも、しっかりとした曲構成も各曲の随所にあって、F.O.A.D.が熱を入れて再発したのもうなづける内容です!!



・SWANKYS - Original Swankys CD 税込3,024円 (Kings World)

1996年にLPがリリースされ、CD化後も長らくプレス切れとなっていた作品が再発!!初期オリジナルメンバーによる1985年録音作品である9曲を収録。



・SWANKYS - Control Demo CD 税込2,905円 (King World)

こちらのプレス切れとなっていたレア音源集も再発されました!1986年から1988年に録音された未発表曲を含むデモ・トラックを収録した全9曲。



・PEOPLE - Perv Recreation 7" 税込1,296円 (Kings World)

大好評だった前作2ndアルバムから5年ぶりの新作となる大分のパンク・バンド PEOPLEの2nd 7"がKings Worldからリリース!新曲1曲をA面に、再録2曲をB面に収録した全3曲。

九州ノイズ・パンクの雑音とルーズな手法を駆使しながら、ノイズ・パンクあーだこーだではなくパンク・ロックを血肉としたオリジナルな衝動のピュア・パンク・フレーバーが大爆発!パワフルでありながらどこか哀愁も漂った新曲のA面、B面ラストでのガツンとくる演奏等、DRONESやRADIO BIRDMANすらも思い起こさせるアグレッシブな楽曲に、九州パンクのバイオレントでレイジーな、混沌とした要素が混じり合ったったような作品で、ロックンロール・フレーズも取り込みながらノイズ・ギターも見事に決まった快作!



・V.A. - 狼の宴 -Wolfshohle- CD 税込2,160円 (PC)

ドイツのPC RECORDSから欧米向けにリリースされた「JAPANESE SKINHEADS」のポートフォリオと言えるオムニバスアルバム!!

鐵槌、CRIKEY CREW、GRUESOME、GROWL STRIKE、壬生狼、AGGROKNUCKLE、THE HAWKS、桜花の8バンドの1999年から2017年までの全15曲を再マスタリング収録。各バンドの写真及び英語、日本語によるライナーノーツを擁するブックレット仕様。

1. 鐵槌 / 日本狼
2. 鐵槌 / 陰獣
3. CRIKEY CREW / SLUDGE HEADS
4. CRIKEY CREW / TOMORROW
5. GRUESOME / tightly wound ~ another reign
6. GRUESOME / area 13
7. GROWL STRIKE / ENGRAVE
8. GROWL STRIKE / 鬼退治
9. 壬生狼 / 同志
10. 壬生狼 / 祖国
11. AGGROKNUCKLE / VIOLENCE NOCTURN
12. AGGROKNUCKLE / VICTORY SONG
13. THE HAWKS / 身を尽くし
14. THE HAWKS / 黄狼
15. 桜花 / 婆娑羅

http://recordboy.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=989206&csid=0&sort=n&c&view=mobile&cn=2cfbc12497204c7623e0d9c9eccc5767

 

Death Cult from the Graves!!

 投稿者:BOY  投稿日:2017年10月 4日(水)15時47分43秒
  * 毎週水曜は当店の定休日ですが、昨晩フィニッシュできなかったデス・メタル系商品のカートアップを先ほど完了しました。受注対応は明日木曜日以降になります。



・ETERNAL DIRGE - Morbus Ascendit / Demos 1989-1990 2CD 税込1,944円 (Unspeakable Axe)

当店でもファンの多いUSデス・メタル・レーベル Dark Descent Recordsが別名義で運営するUnspeakable Axeからリリースされた、1986年結成ジャーマン・デス・メタルの2枚組CDです。これまでさんざん、「Unspeakable Axe recsは、コンテンポラリーな傾向の強まるDark Descentの主力作品よりも、もっとオールドスクールなスタイルの新人や無名バンドを中心にリリースしています」と解説してきましたが、タイトルでおわかりの通り、これはDark Descent RecordsではなくUnspeakable Axe名義による初期デス・メタル音源再発です。未確認ですが、Unspeakable AxeはどうやらDark Descentオーナーとは別の人物が中心でやっているようですので、今後は別々のレーベルと考えた方がよいのかも知れません。


CD 1 : "Morbus Ascendit" ALBUM (1992年)

CD 2:
01-06 : "Right To The Core" DEMO (1989年)
07-10 : "We Are The Dead" DEMO (1990年)


しかし、「Unspeakable Axeはオールドスクールな作品/バンドをリリースする」、という大義はやはり変わっていません。しかもこのバンド、2ndはMorbid Recordsから出てましたが、今回再発された1stアルバム "Morbus Ascendit"はHASSというドイツの初期パンク・バンドのレーベルからリリースされていて、相当なオブスキュア・デス・マニアでも存在は知らなかったという幻のリリース。さらにサウンドがまた非常に独特で、展開の激しいスラッシュ土台のテクニカルなデス・メタルなんだけどMORBID ANGELのようなアメリカン・スタイルとはまるで違い、北欧の透明な旋律とも異質のフォーキーなメロディーが絡みついた、牧歌デス、または民謡デス、みたいなフレーズが最高にストレンジでグレートdeath!!ジャーマン・メタルの伝統を継承したクサレ感は邪悪とはかけ離れたほのぼの旋律で、個人的にはNWN!が再発して即完売したギリシャのカルト・デス・スピード・メタル DEATH COURIERに近いものを感じました。デモ時代はさらにスラッシュなうえに、牧歌旋律がジャーマン・ハードコア・パンクにも接近してるので、SODOMやDARKNESSなどのパンキーなジャーマン・スラッシュ・メタル・マニアにもかなりオススメです。ジャケ・ブックレットも、ライナー/写真/フライヤー/デモ・アートなど多数掲載した完璧な仕上がり。オブスキュア・デス/ジャーマン・スラッシュ・マニア必聴級のカルト・レア発掘盤です!!



・SADISTIC INTENT / PENTACLE - Invocations of the Death-ridden SPLIT MLP WHITE VINYL 税込2,808円 / RED VINYL 税込2,808円 / BLACK VINYL 税込2,484円 (Iron Pegasus)

ともにIron Pegasusの看板バンドのような存在でもあるUSとオランダのデス・メタル重鎮2バンドによるSplit 12"です。両バンド各未発表2曲ずつ提供の全4曲ですが割と尺のある33回転盤なので、EPではなくMLPと呼ぶべきリリースで、インナーも各バンド単独のものが付属した2枚入りです。ホワイト・ビニール/レッド・ビニール/ブラック・ビニールの3種バージョンでリリース。

LAデス・メタル裏番 SADISTIC INTENTは今回はよりスラッシュなオールドスクール感を強調したナンバー2曲を披露。SADISTIC INTENTと言えばPOSSESSEDとの子弟のような関係性が有名ですが、このSplitではPOSSESSEDよりもSEPULTURAを彷彿させるSLAYER影響下デスラッシュが渋いです。ホント渋い。このズグズグと低音域で疾走する曲調と90年代以前の質感は、圧倒的なダイナミズムに慣れている現代のデス・メタル・ファンには理解が難しいかも知れませんが、生身のデス・メタルを感じたいのならばぜひ聴いてほしいです。レコーディング・エンジニアは、初期Metal Bladeの多くの名作を手掛けたBill Metoyer氏が担当しています。

オランダのCELTIC FROSTウォーシップ・スタイルの代表格であるPENTACLEは、同国のETERNAL SOLSTICEやペルーのMORTEMなどとシリーズのようにSplitリリースを続けています。今回も変わらぬCELTIC FROST影響下のデス・メタルでいう事なしです。ブラック・メタルでCELTIC FROSTウォーシップするのと違い、デス・メタルだとWINTERのようなスロウ・スタイルかOBITUARYのようなプリミティブ・スタイルが一般的だけど、PENTACLEはいずれにも当てはまらない独特のカッコよさがあります。SADISTIC INTENTサイドもそうですが、このSplitはスラッシュ・ファンにもオススメの内容デス!!



・INCANTATION - Rotting Spiritual Embodiment CD 税込1,620円 (Necroharmonic)

2000年代以降に最も再評価と注目度が高まったカルト・デス・メタル・バンドの一つと言っても過言ではないUSペンシルベニアのINCANTATIONの、1991年5月25日にロードアイランドで行ったライブ8曲を収録したCDが、Necroharmionicからリリース。PHLEGMと親交が深まり、彼らの招聘でロードアイランドで行った際のライブで、Dan Swano氏のマスタリングにより、最高の音質で再現されています。OBITUARYやSORE THROATのアートを拝借した、いかにも当時のデス・メタル・ギグらしいこの日のフライヤーや当時の(本ライブ当日のものかは不明。たぶん違うと思います)ライブ・カラー写真、そしてNecroharmonicオーナー Roy Fox氏による当時を振り返ったライナーノートもとても面白くて、ジャケ・スリーブも素晴らしい仕上がりです。


Craig Pillard - Guitar / Vocals
John McEntee - Guitar
Jim Roe - Drums
Ronnie Deo - Bass

1. Rotting Spiritual Embodiment 06:03
2. Eternal Torture 04:03
3. Christening The Afterbirth 05:57
4. Entrantment Of Evil 02:46
5. Blasphemous Cremation 05:08
6. Deliverance Of Horrific Prophecies 05:30
7. Profanation 05:40
8. Devoured Death 02:31


Craig Pillard在籍時、と言うか1stアルバム Onward to Golgotha期のメンバーによる、まさにOnward to Golgothaアルバム発表直前の、マニアにはこれ以上ない極上の発掘音源です。REVENANT脱退後にJohn McEntee氏とともにINCANTATIONを結成したPaul Ledney氏が在籍した第一期はサタニック・グラインド色もあったわけですが、Craig Pillard氏が加入してデス・メタル史に残る金字塔的名作 Onward to Golgothaアルバムへのラインナップへと固まっていくこの頃のライブも生でもし体験してようものなら、恐らくほとんど人間は人生が変わってしまったことでしょう。1991年でこの混沌lowデス・メタルは本当に凄い。CATHEDRALが1stアルバムを発表したのも1991年だけど、INCANTATIONの地獄s-low-nessは、AUTOPSYやBLACK FLAGなどのアメリカン・サイコパス・エクストリーム・ミュージック方面からBLACK SABBATHを吸収して冒涜型のデス・メタルへと昇華させた、完璧な形です。アルバムでのスケールの大きいINCANTATIONサウンドももちろん完璧ですが、やはり初期ハードコア・メタル・デス・ヘッズはこういう生々しいサウンドの方が好きな人が多いのではないでしょうか?生々しい、と言いましたが、演奏と音質は文句なしなので、一発録りのようなlow & rawサウンド。毎度思うけど、INCANTATIONって普通のバンドだと寄せ集め集のように扱われるデモ/アウトテイク/ライブなどのコンピレーションを聴くのが本当に楽しい。個人的にはオリジナル・アルバム聴くよりも、いつもノックアウトされます。極オススメ!!!

http://recordboy.shop-pro.jp/?mode=srh&sort=n&ss=10909139db59a45ec235fff54bdc0c4a&view=mobile&cn=c3e75c6d2acc95703644fa75af67a309&cid=&keyword=blkmtl

 

Japanese Armageddon!!

 投稿者:BOY  投稿日:2017年10月 3日(火)02時16分39秒
  ・EVIL (Tokyo, Japan) - Rites Of Evil CD 税込1,944円 (Obliteration)

ちょっと遅れていましたCDも無事発売となりました!!わたくしBOYの大倉がライナーノートを任されました。バンド、レーベル、そして自分のライナーも、みんなとても良い仕事が出来たリリースですので、ぜひ買って読んで聴いてください。


EVIL (Tokyo, Japan) :

2011年結成。平成生まれの少年たちによる80s スラッシュメタルリバイバルバンドとして注目され自主デモCDRを500枚以上無料配布した事でも話題となった国産邪悪スラッシュメタル、EVIL。

スラッシュメタルでもデスメタル誕生を促したといえるHELLHAMMER, SODOM, SEPULTURA, BATHORY, SARCOFAGOなど80年代のスラッシュメタルシーンの中でも特に過激で邪悪なバンドから多大な影響を受けた楽曲でスラッシュメタル全盛期をリアルタイムで通過した1960~70年代生まれのメタルヘッドから絶大な指示を受ける。

2014年に日本の若手デス・グラインドバンド、LURKING FEARとスプリットアルバムをObliterationからリリースし国際的にも認知度を上げる。

2017年夏に待望のファーストアルバムをリリース。CDは日本のObliterationから、アナログレコードはSABBATやBLASPHEMYなどブラックメタルシーンのカルトバンドを多数リリースするアメリカのNuclear War Now! から 、カセットテープヴァージョンはタイのInCoffinからのリリース。

収録曲
1. 除夜 Nightmare Bells (Joya)
2. 呪縛 The Curse (Jubaku)
3. 串刺し Transfixion (Kushi-zashi)
4. 八つ裂き刑 Yatsuzaki (Yatsuzaki-kei)
5. 曼荼羅 Mandala (Mandala)
6. 卒塔婆の剣 Sword of Stupa (Sotoba-no-tsurugi)
7. 死に晒せ Give 'em Hell (Shini-sarase)
8. 無間地獄 Eternal Hell (Mugen-jigoku)
9. 邪悪を讃えよ Rites of Evil (Jāku-o-tataeyo)
10. 阿修羅 Asura (Asura)
11. 残虐集会 Brutal Mass (Zangyaku-shukai)

(インフォメーションより)




・FRAMTID - 5 Tracks Devastation EP 7" 税込1,000円 (self release)

カナダの名物パンク・フェスティバル A Varning From Montreal に今年2017年遂に念願の参加を果たした大阪クラストコア・ノイズ・ロウ・パンク FRAMTIDの限定500枚新作EP!!A Varning From Montrealフェス用に制作されたシングルですので、再プレスされない限り今回のみの入荷となります。

King Cobra SquatにてMTRで一発録りされた全5曲収録で、現編成での過去曲の新録4曲と新曲1曲。スカンジナビアン・ハードコアの黒く原始的なスラッシュ・サウンドを継承するスタイルでは、世界中のパンクスから最高峰とあがめられる最重要バンド。

http://recordboy.shop-pro.jp/?mode=srh&sort=n&ss=fe69a96eb5bfc47d5f1aa7512a25d8b8&view=mobile&cn=2b33c9c3efcac8327129c7815e464be4&cid=&keyword=jpmtl

 

Japanese Magazines

 投稿者:BOY  投稿日:2017年10月 1日(日)02時33分29秒
  ・FAST - Issue #12 ZINE 税込540円

パワー・バイオレンス/グラインド/クラスト/メタル・コア/ビート・ダウン/スラッシュなどをメインに取り上げて紹介する日本の老舗ファンジン FAST FOR SPEED FREAKS改めFASTの第12号。今回は現代版クロスオーバーなバンドの特集号!!


表紙:PRIMAL RITE / WORLD OF PAIN

◎クロスオーヴァー・スラッシュ特集
・FORESEEN (フィンランド発! POWER TRIPに続く大注目バンド!)
・NOISEM(昨年RELAPSEの契約したデスラッシャー)
・PRIMAL RITE (REVELATION RECORDSの契約した期待のホープ!)
・TAINTED DICKMEN (日本が誇るスラッシュ/グラインド!)
・クロスオーヴァー10選

・CREEPOUT(ニューアルバム「NEKROPOLIS」リリース目前! WESTOKYO!)
・INCENDIARY(BLOODAXE FEST 2017来日!)
・TIGER(今春リリースの新作が絶好調! 大阪発メタリック・ラッピン・ハードコア!)
・WORLD OF PAIN(BLOODAXE FEST 2017来日!)
・BLACK ANVIL(ハードコア・バンド出身ブラックメタル・バンド!)

◎人生を変えた9枚
・END(START FROM END)
・FUTATSUGI(G.A.T.E.S)
・GOD168(LOYAL TO THE GRAVE/DEACON)
・HIZDE(COQUETTISH)
・KENJI RAZORS(RAZORS EDGE)
・SHIOC(WATERSLIDE/BREAK THE CONNECTION RECORDS)
・南(RECORD SHOP BASE)
・大倉(RECORD BOY)
・ヤマジケンジ(EL ZINE)

◎パワーヴァイオレンス特集2



・PECKINGPAH (ペキンパー) - Vol.6 BOOK + DVD 税込1,620円

ハードコアやエクストリーム・メタル系の特集も多いサブカル・ムック、ペキンパーの2017年最新号!DVD付きです。


あの世へ一直線!最高に気持ちいい究極のデストリップマガジン!ペキンパーVol.6 Straight to Hell! Sickest Death Trip Magazine!

ヤワな男が多い中、真の男を目指す男たちをリスペクトするDVDマガジン。
第6号は死体写真家・釣崎清隆特集。90年代サブカル、311、原発、表現規制、ゴア・カルチャーの今を語る!

雑誌目次
◎巻頭特集 死体写真家・釣崎清隆、かく語りき――超ロング・インタビュー
◎13年ぶりに再始動したマリア観音、木幡東介ロング・インタビュー!
◎富士の樹海で死体探し!村田らむの樹海ルポ!
◎◎走り続ける異端ドキュメンタリー作家平野勝之インタビュー
◎野蛮にして華麗、ワイルドでクール――ドイツの激熱ブルース・デュオThe Picturebooksインタビュー
◎熊谷の気鋭スラッシャーOutbreak Riotインタビュー
◎コラム:エロ漫画の世界 猟奇編
◎ペキンパー的書籍&音源紹介
◎今や飛ぶ鳥を落とす勢いの殺害塩化ビニールの筆頭!流血ブリザードインタビュー
◎スターリンのジャケットワーク等で知られ、本読者にもファンが多い漫画家宮西計三インタビュー
◎宮西計三の新バンドHundred Devilsインタビュー
◎ギャグ&バイオレンス漫画『スーパーDr.毒太』
◎ポートランド拠点のドゥーム・バンドYoung Hunterインタビュー
◎“Street-Doom”を標榜する新鋭バンドR.I.P.インタビュー
◎ポートランド・ドゥーム/ストーナー・ディスクレビュー
◎今や世界のD-beatやcrustファンから絶大な支持を受け続けるReallity Crisisインタビュー
◎ゴキブリコンビナート/絶叫する60度 Photo: Hideyuki Miyoshi
◎白石晃士監督インタビュー!

DVDコンテンツ
マリア観音/Young Hunter/R.I.P./Outbreak Riot/Hundred Devils/Pro Et Contra/Majutsun no Niwa/流血ブリザード/PHOTO SHOOT BEHIND THE SCENE



・EL ZINE - Vol.27 BOOK 税込600円

Doll MAGAZINEの編集者だった山路氏によるパンク・ファンジンの、最新号となる#27です。今回は何といっても当店のお客様にはG.A.T.E.Sのインタビュー&作品自己紹介by二ツ木氏が一番の読みどころでしょう!!他には悲観レーベル特集、SKIZOPHRENIAのオーストラリア・ツアー・レポート、あと懐かしのKnockout Recordsインタビューなんかも個人的には面白かったです。


●Fredrik Larzon
(MILLENCOLINのメンバーにして、TOTALITARやNO SECURITY等のJallo
Lehtoと共に、D-Beatパンク・バンドKVOTERINGENでも活動、また、レーベルDe:Nihil
Recordsを主宰しているFredrik Larzonへのインタヴュー)

●MILLENCOLIN & KVOTERINGENアルバム・ディスク・レヴュー
(両バンドのアルバム紹介)

●Jeff Burke from RADIOACTIVITY
(10月にジャパン・ツアーを敢行するテキサスのRADIOACTIVITY。その中心人物であるJeff Burke[ex.VOMIT
PUNX~MARKED MEN etc]へのインタヴューby HASHIMOTO氏/record KNOX)

●Knock Out Records
(90年代に一世を風靡した、ドイツのストリート・パンク/Oi!パンク・レーベル、Knock Out Recordsの主宰者であるMoshへのインタヴュー)

●G.A.T.E.S
(アルバムをリリースした東京メタル・パンク・バンド、G.A.T.E.Sのヴォーカルである根岸氏と、ギターの二ツ木氏へのロング・インタヴューby 鈴木智士氏)

●G.A.T.E.S Work’s Review
(今回のインタヴューの内容に沿った、G.A.T.E.Sの作品紹介by 二ツ木正康氏)

●Umea Punk City
(ex.AC4~現ACID BLOODのKarlによる、スウェーデンUmeaの現地情報コラム)

●SKIZOPHRENIAオーストラリア・ツアー・レポート
(ENZYME~ex.KROMOSOM/ex.PISSCHRISTのYeapの招聘により8月に行なわれた、SKIZOPHRENIAのオーストラリア・ツアー・レポートby
Yu!氏)

●Mark from Beach Impediment Records & AGGRESSION PACT
(リッチモンドのハードコア・レーベル、Beach Impediment Recordsの主宰者にして、ex.WASTED
TIME~現在はBOSTON STRANGLER等のメンバーと共に、AGGRESSION PACTで活動しているMarkへのインタヴュー)

●Life of Brazil & Japan
(ブラジルから日本へと帰ってきたKarasu Killer Records/DARGEのRafaによる、日本とブラジルでの生活に関するコラム)

●悲観レーベル
(ex.「悲鳴」~現「経血」「ブラジル人」「JHONETU-X」のメンバーであるツトム氏が主宰する、悲観レーベルへのインタヴュー)

●吐き気がする程ロマンチックなボクたち
(悲観レーベルとゆかりの深いバンド等の紹介テキストby
ツトム氏。紹介しているバンドは、悲鳴/タレナガシ/BAHOWA/illya/THE脱妄ズ/サリドマイド/えんだぶあ/解剖室/NONONO/ZETU/野晒/断絶間/ビル/猿芝居/経血/SICKz)

●LASHING SPEED DEMONS:D・O・T
(あぶらだこやTHE NURSEのメンバーらによるD・O・T へのインタヴューby 大越よしはる氏)

●KLONNS
(東京の新世代Blackened Hardcoreバンド、KLONNSへのインタヴュー)

●908
(10月にジャパン・ツアーを敢行するデンバーのグラインド・コア・バンド、908へのインタヴューby Rafa)

●チャレンジ・インタヴュー
(東陽一氏[ex.脳不安]/今村のりやす氏[Pogo 77 Records~TOM & BOOT BOYS])

http://recordboy.shop-pro.jp/?mode=srh&sort=n&ss=fe69a96eb5bfc47d5f1aa7512a25d8b8&view=mobile&cn=2b33c9c3efcac8327129c7815e464be4&cid=&keyword=bkdvd

 

Metal Deadness!!

 投稿者:BOY  投稿日:2017年 9月29日(金)10時30分14秒
  ・SPECTRAL VOICE - Eroded Corridors of Unbeing CD 税込1,836円 (Dark Descent)

BLOOD INCANTATIONのメンバーが3人在籍する、Dark Descent Recordsお膝元のUSコロラド出身デス・メタル・バンドの2017年発表1stアルバムCD。2015年3曲入りデモのCD再発盤が入荷していたバンドで、そのデモも各種フォーマットでリリースされ、欧米では好セールスを記録してアンダーグラウンドで高い評価を得ていましたが、この1stフルは既に予想を超える大ヒットを記録しています。

当店で海外のアンダーグラウンド・デス・メタル・シーンの動向を追ってる限りでは、ここ10年ほどのデス・メタル・トレンドは、AUTOPSYブームから重さの質がINCANTATION系へと移行し、そこからリチュアルなドゥーム・デス・アンビエントまで波及した後、グルーミーなタイプの盛り上がりは収束し、この1~2年はNOCTURNUSやTIMEGHOULなどのコズミックなタイプがいろいろ出てくるかな?と推測していました。そのきっかけは言うまでもなくBLOOD INCANTATIONの大ヒットなわけですが、プログレッシブでもあるSFデス・メタルはやはりそうやすやすとクローンが生まれにくいようで、BLOOD INCANTATIONに続くような新鋭は今のところBOYの入荷ではメキシコのQUESTIONくらいではないかと思います。

そしてBLOOD INCANTATIONメンバーらによるこのSPECTRAL VOICEですが、重みはINCANTATION系のファンにもアピールする黒さで、突進リフのパートなどはDISMAも彷彿させたりしますが、冷たい質感はUS東海岸スタイルとはまるで違い、KRYPTSやSWALLOWEDなどのフィンランド勢や、UNDERGANGメンバーらによる注目のバンド PHRENELITHなどの北欧暗黒デス・メタルにも通じます。しかしこのバンド、どうやら狙いはオーストラリアのカルト・ドゥーム・デス・メタル・バンド disEMBOWELMENTのようで、確かにドローン手前のフューネラリー・スロウ・ドゥーム・パートと爆裂ブラスト・パートのコントラストは、disEMBOWELMENTからの影響を強く感じさせます。ただ、あえて避けてるのか到達できなかったのかは不明ですが、disEMBOWELMENTのようなあの非人間的なまでに冷徹なアヴァンギャルドな質感ではないので、BINAHやESOTERICなどのUKデス・メタルの荘厳さに似たところも感じます。

とにかく、Dark DescentやMSUOなどを追っかけている海外のデス・メタル・ファンを今一番熱狂させている作品ですので、日本のデス・メタル・ファンも今からぜひチェックしておきましょう!!



・BESTIA ARCANA - Holokauston DIGIPACK CD 税込1,728円 (Dark Descent)

USコロラド・ブラック・メタル重鎮 NIGHTBRINGERメンバーらによるバンドの2017年新作2ndアルバムがDark DescentからデジパックCDでリリース。これまでは2011年にアルバムを1枚発表していただけでしたが、NIGHTBRINGER関連を追いかけている信者のみならず、アンダーグラウンド・ブラック・メタル・マニアにもカルトな人気と高い評価を得ているバンドです。

邪悪性と美意識を同居させたスタイルで、近年のリチュアル・デス・メタル・ファンにも絶対オススメの圧倒的な内容です。感触はもう完全にデス・アンビエント/リチュアル・デス・メタルながら、冒頭からトレモロ・リフの奇怪さを極めたような精神分裂フレーズを連発して猛烈に突撃してきます。PORTALの手法にも通じるところがあり、デス・アンビエントな叙情で覆ったような感触はILL OMENやVASSAFORなども思わせ、当店でオセアニアのリチュアル・デス・メタルに魅了された人なんかはノックアウト必至かと思います。アメリカン・ブラックならではの狂気も漂いますが、北欧バンドとは違う美意識を常ににじませているのも凄い。全4曲で40分オーバーのフル・アルバム。これはカルトなファンが存在するのも納得です!!



・OCCASVS - Nocturnal Majestic Mysteria CD 税込1,728円 (Unspeakable Axe)

当店でもファンの多いUSデス・メタル・レーベル Dark Descent Recordsが別名義で運営するUnspeakable Axeからリリースされた、チリ・サンチアゴ出身ブラック・メタルの7曲入り1stアルバムです。2002年結成で、これまでは2005年にデモを発表しているのみですが、本作1stアルバムは業界関係者の間で既に高評価を得ている注目作です。

南米特有のプリミティブな演奏力や音質などとは全く違うけど、呪術的な不気味さも漂うブラック・メタルです。MAYHEMやWATAINなどからの影響を強く感じさせるスタイルながら、オールドスクール・ブラック・デス・メタルの骨格が強調されていて、不協和音リフと古典的なトレモロ・フレーズ/テクニカル・リフの対比やバランスも絶妙なので、南米のみならず世界的にもクオリティーの高いチリの現行デス/ブラック・メタルを追いかけているファンならば要チェックでしょう。Invictus prod.やSepulchral Voiceあたりのデス・ブラック・メタル・ファンにもオススメ!!



・NECROVOROUS - Plains of Decay CD 税込1,728円 (Dark Descent)

EMBRACE OF THORNSメンバーらによる2005年結成ギリシャ・デス・メタルの2017年新作2ndアルバムCD。Pulverisedからの1stアルバムがカッコよかったけど、2013年のSplit 7" w/ ANATOMIA以降音沙汰なく、この2ndアルバムも発表がアナウンスされてからかなり時間が経過してからようやく発売されました。今回はDark Descentからのリリースです。

音圧でねじ伏せられないと物足りない、と感じる若者には中途半端かも知れませんが、これぞまさにオールドスクール・デス・メタル!なリフ/ソロ/展開など必殺のフレーズやパートの応酬で、40代以上のファンには今回も最高の内容となっています。DEATHやAUTOPSYなどのアメリカン・デス・メタルに影響された北欧デス・メタルのようなトーンと、以前よりもスラッシュなテクニカル・リフに近づいたような疾走ナンバーなど、初期型のデス・メタルでありながらバラエティーもあります。AUTOPSY, GRAVE, UKのDESECRATORなどのファンにオススメ・デス!!



・PHRENELITH - Desolate Endscape CD 税込1,836円 (Dark Descent)

UNDERGANGの中心人物であり、ANATOMIAのTanaka氏とのユニット WORMRIDDENや、自らのテープ・レーベル Extremely Rottenなどで精力的に活動するDavid Torturdod氏がギターとVo.を担当するデンマーク・コペンハーゲンのデス・メタル・バンドの8曲入り1stアルバム。先にMe Saco Un Ojoからリリースされたアナログ盤が入荷していましたが、海外では大ヒット中の話題作で、早くも2ndプレスが流通しています(アナログ盤の再入荷はもうしばらくお待ちください)。ちなみにLPで入荷した時全く気付かなかったけど、ベースのJakobは、Adult Crash RecordsでOBNOXIOUS YOUTHの1st LP出したり、古くはDISCLOSE / G.A.T.E.S Splitの10"バージョンも出してた元Plague Bearer RecordsのJakobでした。NUCLEAR DEATH TERRORもやってた人です。

北欧とUS東海岸をつなぐオールドスクール・デス・メタル・スタイルで、KRYPTSほどドゥーム感は強くなく、GOREPHILIAやMAVETHなどのDEAD CONGREGATION型INCANTATIONウォーシップでもなくて、切れ味も備えた殺人級の重厚リフで重苦しく突撃する様は、FUNEBRARUMやDISMAなどのニュージャージー・デス・メタルを彷彿させます。特に疾走ナンバーの爆発力は凄まじい!!FUNEBRARUM, DISMA, イギリスCRUCIAMENTUM, スペインATARAXY,etcのファンと、そしてもちろんこれまでのDavid Torturdod氏関連デス・メタルが好きだった人も絶対要チェックです!!



・MALICIOUS - Black Fumes CD 税込1,620円 (Dark Descent)

CDバージョンもようやく入荷しました!!

Me Saco Un Ojoからの1stデモが好評だった2011年結成の若手フィンランド・デス・メタル・バンドの4曲入りCDです。デモは入荷のたびにすぐ売り切れたので聴きたくても入手できなかった人もいたでしょうし、このバンド自体まだあまり知られていないでしょうが、MSUOやSepulchral Voiceなどの北欧デス・メタル作品が好きな人は絶対に聴いてほしい力作に仕上がっています。

デモの時からスタイルに変化はありませんが、各段に成長しています。ちょっと前まではフィンランド・デスと言うと、CONVULSEやDEMILICHから継承したlowなグルーム感を強調したバンドや、DEMIGODとINCANTATIONの要素を増幅させたフィンランドmeetsペンシルバニアとでも言うべき荘厳なダークネスを聴かせるバンドが多くて、HOODED MENACE, KRYPTS, SWALLOWED, MAVETH, etcなどが中心となって盛り上がっていたように感じられましたけど、その辺のスタイルをフォローするバンドもだいぶ落ち着いた頃に凶烈なインパクトを放って今年当店でも大ヒットしたのが、VORUMのCurrent Mouthでした。このMALICIOUSの1stもVORUMが切り開いた新たなるフィンランド・デス・メタルの王道パターンに近いスタイルで、スラッシュ・ムーブメントの中で生まれてデス・メタルの基礎を築いたPOSSESSEDやKREATORなどのようなバンドから、テクニカルな演奏と邪悪性を共存させつつもより増幅させていたMORBID ANGELの登場へと深化&進化していたあの頃のスラッシュ~デスの段階を凝縮したスタイルなんですが、現代のバンドはそれらの先人達が徐々に失せていった原始的パワーを強烈に詰め込んでいるところが素晴らしい。当店ではどうにものめり込んでプッシュできなかったリチュアルなデス/ブラック・メタル・ムーブメントも、こういう新しいスタイルでの原始への回帰を目の当たりにすると、ただのトレンドではなかったのだと再評価できてきます。何が言いたいのかと言うと、柔軟で可能性に満ちた若いメタルヘッズがサウンド・プロデュース力を自然と身に付けることができるこの恐るべき状況が、こういうロウ・プリミティブなデス・メタルもさらに深化させて可能性を広げているように思います。VORUM, DEGIAL, 初期TRIBULATIONなどのファンは絶対必聴の大注目株デス!!

http://recordboy.shop-pro.jp/?mode=srh&sort=n&ss=fe69a96eb5bfc47d5f1aa7512a25d8b8&view=mobile&cn=2b33c9c3efcac8327129c7815e464be4&cid=&keyword=blkmtl

 

Evil Thrashing Mad Power Death!!

 投稿者:BOY  投稿日:2017年 9月29日(金)10時28分38秒
  ・ANTICHRIST (Sweden) - Sinful Birth LP パッチ付き 税込3,240円 / パッチ無し 税込2,808円 (Electric Assault) / CD 税込1,836円 (I Hate)

アナログ盤お待たせしました!!先にスウェーデン I Hate Records盤CDが入荷して大好評発売中のスウェディッシュ・スラッシュ・メタル ANTICHRISTの2017年発表2ndアルバムです。I Hate盤のアナログ盤もリリースされていますが、今回入荷したNYのElectric Assault Records盤は厚手の紙質で、両面プリントの歌詞インナーはスリーブになっています。さらに今回はレーベル直販限定100枚のパッチ付きバージョンも特別に卸してもらいました!!盤の色などはレコード本体は全く同じモノですので、パッチ無しかパッチ付き、ご希望のバージョンをお選び下さい。パッチは単体でお買い上げよりもちょっとだけお得です。

EVISCERATEDやGRAVELESSなど、Blood Harvest Recordsのデモ・テープ部門 Zombie Ritual Tapesをコマメにチェックしていたスラッシュ・メタル・マニア達には既に高い評価を得ていたバンドの面々が集まり2005年に始動。このANTICHRISTもまた、デモの時点でアンダーグラウンド・スラッシャー達から大きな期待を集め、2011年にHigh Rollerから1stアルバム Forbidden Worldを発表した時点では、既に鳴り物入りでデビューしたような騒ぎとなっていましたが、アルバムの内容自体もその期待を完全に上回るような完成度で、一気に北欧スラッシュ・メタルの中心的存在となりました。ANTICHRISTの登場が、近年のノルウェー・スラッシュ・メタルの充実ぶりを誘発したようにも思えるけど、むしろANTICHRISTの方が先にノルウェー・ブラック・スラッシュへの接近を試みたような感覚があり、KREATOR型デスラッシュを継承するMERCILESS ~ HYPNOSIAなどのスウェディッシュ・スラッシュ・スタイルよりも、Hell Awaitsの頃のSLAYERや初期POSSESSED的なリフ・ワークを基礎にしながら、INFERNOやAURA NOIRが実践していたDESTRUCTION影響下のノルウェー・ブラック・スラッシュのクレイジー・リフやドライブ感も融合したような感じがあります。それをアメリカン・スラッシュにも太刀打ち出来る整然としたアレンジ力とドラマ性でまとめあげていて、とにかく今回もアッパレすぎるピュア・スラッシュ・メタル・アルバムに仕上がっています。全編息をのむような緊迫感に満ちていて言うことなしですが、クライマックスを強いて上げるならば、やはり7~8曲目ではないでしょうか。先に7"でリリースされていたBurned Beyond Recognition、この曲は本当に最強必殺キラーかっこいい!!!7"バージョンよりかなり良いと思いますが、いかがでしょうか?これぞ2010年代型スカンジナビアン・スラッシュ・メタル!!!ですが、全スラッシャー間違いなく必聴death!!!



・ANTICHRIST (Sweden) - Sinful Birth WOVEN PATCH 税込648円 (Electric Assault)

本来はSinful BirthアルバムのElectric Assault盤LP直販にのみ付属するパッチで、レーベルでも単独販売はされてないと思いますが、「CDを先に買ったけどパッチは欲しい」、「LPをパッチ付きで買うけどパッチはもう1枚欲しい」などという方もいるかと思うので、少しだけ単独販売してみようと思います。

ただし、あくまでもLPの付属品でLPと対一の枚数しか用意してないので、ややこしい話なんですが、ショッピングカートの在庫数調整が出来ません。つまり、カートに入っても受注回答で明細メールが届くまで在庫の確保はお約束出来ないので、その点をご了承のうえご注文ください。



・EURYNOMOS - The Trilogy CD 税込2,160円 (Iron Pegasus)

見た瞬間に??!!となってしまうバンド名とメンバーの経歴からデビューの時点で大きな話題となり、2015年に発表した1st 7"が即完売していたジャーマン・ブラック・スピード・メタル・バンド EURYNOMOSが遂にCDをリリース。1st, 2ndの7"はもちろん、3rd 7"音源と、さらにその3rdシングルにも未収録の最新録音1曲も追加した、全10曲入りのシングル・コンピレーヨンCD!!


Tracks 1-3 : "Unchained from the Crypt" 7" (2015年)
Tracks 4-6 : "Eye of the Pantheon" 7" (2015年)
Tracks 7-9 : "Fierce Alliance" 7" (2016年)
Track 10 : new song


ユーロニモウスではありません。ユーリノモス、って読むのでしょうか?このバンドはDESASTERの初代ヴォーカリスト Okkulto氏がシーンに戻ってきて始めたジャーマン・ブラック・メタルということで、1st 7"発表のアナウンスと同時にファンの間で熱い注目を浴びていたバンドです。サウンドもHellbangers系メタルヘッズは狂喜乱舞、そしてヨーロッパ/北欧のブラック・スピード・メタルが好きならば絶対にオススメのオールドスクール・プライド全開で、POSSESSEDのトレモロ・リフで初期BATHORYのブラック・スピード・メタルをやったような感じは、DESASTERよりも80'sスピード・メタルっぽさが強いです。メンバーのルックスもまた激渋カッコいい!!



・OCCVLTA - Night Without End LP 税込2,808円 (Electric Assault)

先に母国ドイツで発売されたCDが入荷して当店でも好評だったジャーマン・ブラック・メタル OCCVLTAの1stアルバムが、NYのElectric Assaultからアナログ盤もリリース。過去にSALUTEとのSplit 7"も入荷していたバンドですが、当店で付き合いのあるレーベルやバンドの近況をチェックしたりしているとけっこう頻繁に登場してくるバンドで、実際そういった業界関係者にもすこぶる好評です。

完全なHELLHAMMER ~ CELTIC FROSTウォーシップ・スタイルで、ブラック/デス/スピード・メタルのシーンでこのスタイルを1つのサブ・ジャンルとして確立させたWARHAMMERもドイツ出身だったのを思い出してしまいましたが、OCCVLTAの場合はかなりDARKTHRONEテイストが強いのが特徴です。WARHAMMERは凶暴さよりもオタクなマニアックさが強くて、そこもまたナイスだったわけだけど、このバンドはより殺伐とした退廃感が強いです。AURA NOIRのヨーロッパ・ツアーに同行するサポート・バンドにも抜擢されて、特に北欧のメタル・シーン関係者に注目されるのも納得の冷たさが素晴らしく渋い。と言うか、ホントまるでDARKTHRONEのPanzerfaustアルバムでHellhammer-Frostパートを聴いてるように錯覚してきます!!しかもラストはCELTIC FROSTも越えて完璧なDARKTHRONEウォーシップ・ブラック・メタル・ナンバーでフィニッシュ!!おすすめデス。



・RIPPER (Chile) - The Exit / Destroy the World CD 税込2,160円 (Iron Pegasus)

現行オールドスクール・スラッシュ・メタル最高峰バンドの一つと言い切ってしまいたい、南米チリのRIPPERの初期デモ集コンピレーションCDが、ドイツのIron Pegasusからリリース。日本を代表するバンドも抱えていながら、すっかり流通激悪レーベルになってしまいましたが、RIPPERのデモ再発となると指をくわえているわけにはいきません。次回入荷はいつになるか全く見当のつかないレーベルですので、なるべく取りこぼしのないよう確保してください。


Tracks 1-6 : "Destroy The World" Demo 2009
Tracks 7-9 : "The Exit" Demo 2010
Track 10 : 2008年未発表曲
Tracks 11-14 : 2008年リハーサル


2014年発表1stアルバム Raising the CorpseをIron Pegasusがボーナスを加えてライセンス・リリースしたことにより、一気に世界中のダイハード・スラッシャーから注目を集めたバンドです。その1stアルバムIron Pegasus盤CDを聴くと、アルバム本編はMERCILESSやHYPNOSIAなどを彷彿させる猛速デスラッシュが最高で、ボーナス部分はPOSSESSEDやSEPULTURAなんかの影響を色濃くしたスタイルでしたが、このコンピレーションではKREATORやDESTRUCTIONなどのジャーマン・スラッシュ・テイストも当初はかなり強かったのがわかります。そしてこのコンピレーション・アルバムでジャケがそのまま使われている2010年の The Exitデモになると邪悪デスラッシュ指数がグッと上がり、KREATOR ~ SADUS ~ MERCILESSといった王道のデスラッシュ進化論を継承するスタイルとして完璧な形に近づいています。何度も言いますが現代のスラッシュ、そしてデスラッシュ・メタルというサブ・ジャンルが好きならば絶対に聴いておかねばなりません!!



・VENUS TORMENT - The Overdose Of Suffering LP 税込2,484円 / CD 税込2,160円 (Iron Pegasus)

チリアン・スラッシュ・メタル RIPPERのギター&Vo.を務めるVenus Torment氏のソロ・プロジェクト・バンドの1stアルバムLP。ヴィーナス・トーメント、なんてちょっとおかしな名前のバンドだな、と思い込んでしまい、そもそもRIPPERの人がこんなニックネームで名乗ってたことも気付いてませんでしたが、とにかく、このバンド名からいろいろ勝手に思い込んでいたモノが全てひっくり返されるような作品で、到着して聴いてから大変後悔しています。もっとオーダーすべきだった!!!

MERCILESSやHYPNOSIAなどの激速デスラッシュ・ファンは大興奮首折れ必至の猛スピード・スラッシュなので、RIPPERファンは全員必聴間違いナシではありますが、ではどこがRIPPERとは違うか?と言えば、やはり未完成ならではの獰猛性でしょうか。RIPPERは激速スピードがダウンすることなく正統派スラッシュ・メタルとして考えても素晴らしく完成度を高めてきていますが、このVENUS TORMENTは起伏の激しい展開と猛速スピード・スラッシュの中にやりたいことをギュウギュウに詰め込んだような性急感が最高で、まるでカナダAGGRESSIONのスピードにHOLY TERRORやFORBIDDENの要素も無理やり押し込んだような感覚もあります。ドラムだけセッション・メンバーを迎えて制作していて、何者か知りませんがこのRottenというドラマーのタイム感もまた素晴らしく、若干ウラに入りかけてるくらいつんのめっていて、まさに暴走が止まらないといった様相です。DEATHSTORMなんかのファンにも絶対おすすめグレートです!!



・MORTEM - Deinos Nekromantis CD 税込2,160円 (Iron Pegasus)

HADEZと並ぶぺルビアン・デス・メタル帝王 MORTEMの2016年発表、待望の新作5thアルバムです。2013年にオランダのPENTACLEとのSplit 7"でようやく動き出したかと思ったら、その後はやっぱり変わらずのマイペースな活動で、しかもIron Pegasusがすっかり流通最悪レーベルになってしまったので、この最新作も2016年秋のリリースでしたがまだほとんど日本に入ってきてないようです。フル・アルバムとしては実に11年ぶりとなります。

前作4thアルバム De Natura DaemonumはMORBID ANGELやDEICIDEタイプのテクニカル・デス・メタルを南米らしい原始性も残して表現した名作でしたが、Split w/ PENTACLEでは、SEPULTURAなどのデスラッシュ・テイストも取り戻していました。そして本作はそのスラッシュ・ルーツにかなり回帰した作風で、これはちょっと想定以上のLate 80'sオールドスクール・テイスト爆発で、デスラッシャーもガッツポーズ&ヘッドバンギングのカッコよさデス!!VENOMのカバーも激渋。SLAYER ~ POSSESSED ~ SEPULTURA ~ PENTAGRAM CHILE系列の南米デスラッシュ・メタル・ファン必聴の傑作!!

http://recordboy.shop-pro.jp/?mode=srh&sort=n&ss=fe69a96eb5bfc47d5f1aa7512a25d8b8&view=mobile&cn=2b33c9c3efcac8327129c7815e464be4&cid=&keyword=spdmtl

 

レンタル掲示板
/238